愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

October 15, 2011

スポンサーリンク

ツイッタークライアントや関連サービスを作っていて、多かれ少なかれ仕事として取り組んでいる人達にはいくつかのパターンがある。

一つは、本業が別にあって、有名になったり自社技術のPRになれば良いという相乗りパターン

ビジネスモデルは本業なので、有名になって本業で出資を受けるもよし、仕事が取りやすくなるも良し。

二つ目は、ツイッターを利用して、自社の何かに繋がれば良いというコンテンツ業者パターン

ツイッタークライアントの中に、うまく情報を仕込んで、自社のコンテンツに誘導などができたらラッキーというパターン。儲かるビジネスモデルに繋げる方法の一つということですね。

三つ目は、多くのアプリと一緒で、広告がクリックされれば儲かるツールを提供したいパターン。


2007年のツイッターがまだまだイケてなかった時代なら、これらでいく道はあったのだが、ツイッターに優秀な人材とお金と、差を埋めるだけの時間が備わってきた今、これらすべてのパターンの先はもう長くない。

少なくとも、ツイッターの人気からおいしい汁を吸おうと言う考え方ではうまくいかない。何よりツイッター社自体が排除したいと思ってるのはそういう存在だ。

残念ながらツイッター社には、サードパーティクライアントがせっせと集客活動をすることで、ツイートを増やすと彼らが儲かるというようなエコシステムは、まだ見いだされていない。だから単純な仕組みに落とせない。単純な仕組みに落とせないとフォーカスが決まらない。フォーカスが決まらないと投資は難しい。そもそもイノベーションを起こすのはもっと難しい。

クライアントアプリのレイヤーでの覇権争いになっているのは、ちょっと前にアメリカで起きていた、みんなも知ってるechofonを買収したUberMediaへの閉め出し騒動からも明らかだ。

(おかげで、ツイッターapiの利用規約は厳しくなるばかり。)

プラットフォームに乗る側のビジネスは、あくまでもプラットフォームの優れたお膳立てがなければ限界があるってのは、ちょっと前から感じてる昨今。ツイッターapiは沢山の情報は取れるけど、アクセスできる数に限りがあるので、統計的な取り組みについては、本体がやることには絶対に勝てないわけです。だからexitは、ツイッター社に凄いところの片鱗を見せて買収されるしかない。

これは要するに上司と部下の関係みたいなもんで、部下が本業以外の収入を増やそうと思うと、外でお小遣い稼ぎをするしかない、みたいな状況があるわけです。もしくはUberMediaや、facebookに対するZyngaに噂されていたようなプラットフォームで得た優位性を利用しておいしいところをごっそり持って行きましょうみたいな行為とか。

モバゲーは、彼らのプラットフォームの中で儲かる仕組みが存在して、そこを盛り上げることで、みんなが儲かるという道筋が見えているので、それこそ「プラットフォームを担ぎやすい」「乗りやすい」のだが、ツイッターの場合は、2007年当時から、よかれと思ってやってきたことが、ツイッター社と競合扱いになってしまうという寂しい状況が少なからずある。

ということで、サードパーティの生き残るための道は、

1、全然違うサービスからツイッターのソーシャルグラフを使ってシナジーを生み、すくなくともFacebookやGoogle+に負けない世界を作るお手伝いをする。

2、ツイッターの延長線を彼らの意向に反しない形で、いかに高い付加価値のものにしていくお手伝いをするか

の2点である。どっちも同じ事を言ってるようにみえるけど、前者が既に専門性がある会社の行き方で、後者がそうでない会社の行き方だ。

ツイッタークライアントが、ただの接続ツールとしての価値しかないなら、1でも2でもない。ツイッター人気に乗ってるだけなのに、広告収益機会を奪われているとツイッター本体から見られてしまうのであれば、これ以上、ツイッタークライアントは作ってくれるなと言われるのは仕方がない。

ということで、サードパーティのツイッタークライアントの生きる道は、何はともあれ、1か2の価値を生む事に他ならない。

–・–

自分の話で言うと、モバツイはそもそもツイッタークローンのつもりはさらさらなくて、ツイッターをより楽しむためのサービスを提供したいと思っているのは、2007年の最初に作ったときから変わっていません。

しかし、2009年後半の本家twtr.jpの登場も含め、ライバルが出てくる中で、どうしても比較表に○をつけるだけの簡単なお仕事に忙殺されていたり、プラットフォームのパラダイムシフトの中で、下地を作るところにばかり時間をかけてしまっていたけど、本当にやりたいことは、もっと上のレイヤーで、ツイッターユーザー、、、インターネットユーザーがハッピーになったり、人と人とや、企業と人がもっと繋がって行くところをお手伝いしたいのが本音。

僕はFacebookはそんなに好きじゃなかったけど、客観的に、素晴らしいところは沢山あって、何より人と人とを繋げるところは、Facebookはお見事だと思うし、F8に関する参加者のツイートを見ていたら、彼らが考えているエコシステムの行き先は、もしかしたら、僕がツイッターに夢見ていたところの先にあるところかもしれないと若干、思っていたりする。

ただ、そこに対して自分達が足りないと思ってることはなんとなく理解していて、そこはそれとしてチャレンジしていなきゃいけないけど、今持ってる資源を連続的に発展させていくのではなく、全然違うアプローチが必要なので、簡単に言うと時間がかかる。間違ってもツイッタークライアントをfacebookにも対応させました、なんてことはやらない。アドオン的なのはやるけど。そもそもfacebookはもっと閉じたサービスなので、感覚が違う。

モバツイの方はモバツイの方で、この1年同じ事を言い続けていた、変わりゆくモバイルの世界の中でどうやって生き残るかみたいな論点からは脱したいのだけど、まだまだチャレンジをしていかなきゃいけない立場です。そういう意味で、よりツイッターを有益なものにして行くチャレンジをする資格を持ち続けるためには、今やっている活動がうまくいくことが最低限必要。まだスタート地点でぐるぐる回ってる感じ。

昨日KNN神田さんと立ち話をしていて、今は、3年頑張って生き残れば、、、という話をしてくれたのだけど、まさにおっしゃる通り。でも、今、こうやって考えていることは楽しくて仕方が無い。人生をかけた勝負とか考えると怖いけど。でも、無難に今に適応するよりは、うまくいけば先を考えた勝負と言えるのか、そんな下地を支えて欲しい取り組みが、もうじき開始します。

モバツイ、もうすぐです。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 モノを作る人は、鵜飼いの鵜ではなく鵜飼いの人
>>次の記事 あなたのシステム開発観は、「動けば良い派」?それとも「ロマン派」?
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想