愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

August 15, 2012

スポンサーリンク

IMJがMBOで公開買付を行い、上場廃止の方向へ。

事業立て直しについては、MBOをする会社の80%をCCCの増田さんが所有しており、CCCが持つIMJ株以外が公開買付の対象になっているそうです。特徴的なのは以前CCCから株を取得した博報堂の持ち株も全部買い取りになることから、今後の事業方向性に博報堂との資本的リレーションが継続されないことを考えると、ツタヤ関連にシフトしていき、インテグレーション事業からは撤退方面に向かうのでしょうか。

MBO の実施及び当社株式等に対する公開買付けに関する
意見表明のお知らせ
には、こう書いてあります。

また、当社の事業領域であるウェブインテグレーション業界・インターネット広告業界 においては、スマートフォン、タブレット PC などの新型携帯端末の急速な普及やソーシ ャルネットワーキングサービス(SNS)の浸透によって、消費者のインターネットへの接 触時間が増加し、また接触シーンが多様化してきていることも相まって、企業のデジタル マーケティングに対する需要は拡大傾向にあるものの、ウェブインテグレーション業界・ インターネット広告業界自体は参入障壁が非常に低いために、多くの競合企業が参入し、 激しい価格競争に晒されております。

これは今、花形とされている、iPhoneアプリやソーシャルアプリにも全く同じことが言えることですね。

それがオープンなビジネス環境って奴で、特にプラットフォームを海外の会社に握られている以上、今後のインターネットは大体、このパターンです。日本のネットビジネスは、資本提携等で握ることができない段階から競争が始まり、限られたパイの取り合いになります。

行く先も楽ではありません。もっと大きなところを目指すならツタヤとのシナジーは不可欠でしょうね。



しかしながら、上記のような抜本的な経営改革を行う場合、事業再構築に伴う売上高の一時的減少や巨額の一時費用の発生、事業構造の変化やそれに伴う事業リスクの変容等が見込まれるため、現在の体制下でこれらの施策を実施した場合、短期的な業績の推移で企業価値が評価される資本市場において消極的な評価を受ける可能性が否定できず、短期的には当社の株主の皆様にマイナスの影響を生じさせるおそれがあります。

完全なるパラダイムシフトの波を乗り切るのに、上場したままだと厳しい、と。


Webのインテグレーション事業が維持できなかったというより、インテグレーション事業で株主の期待に答え続けるのは難しかったハズなので、映画などの、それ以外の新しいチャレンジがうまくいかなかったのが、今につながる道だったんじゃないでしょうか。


パラダイムシフトの波に晒されつつ、常にチャレンジをしながら良い業績をキープし続けている上場会社の生き残りは大変ですね。

今の代表の方は何代目かの社長のようで、あまりIMJ株は持ってなかったようですが、今回のMBOでは、買取会社の18%を所有しているので、うまくいくといいですね。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。
>>次の記事 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想