愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

June 12, 2013

スポンサーリンク

エンジニアの仕事は原則として「できて100点」、できなければ減点。

一般的な社員評価の基準に照らし合わせると、「できて100点」だと、4以上の得点はつきにくい。

大体、どこの会社でもこんなイメージの評価じゃないだろうか?!

4以上 ・・・ エクセレント(スーパーな貢献をしたレアケース)
4  ・・・ よくできました。(普通に優秀)
3  ・・・ 可もなく不可もなく。(でもちょっとネガティブ)
1〜2 ・・・ 何か問題があった時。(基本的につけたくない点)

絶対的な評価をされると「できて100点」の仕事の人は、4以上の評価がつくケースは稀だ。逆に毎回4以上の評価になるのも少しおかしい。毎日株価が上がってる銘柄みたいなもんだ。

例えばサーバ管理の仕事が典型例で、「動いて当たり前」、大きな障害が起きれば「減点」になってしまう。本当は、いつ壊れるかわからないというサーバを守っているという部分に対して、何か評価を入れないと4どころか、もし期中にサーバに何もトラブルが起きなかったら評価されない、という状況になりかねない。

それだったら、わざと自然死しそうなトラブルを起こして、スーパーな活躍をしたほうがよっぽど評価されるのかもしれない。

エンジニアの評価には、必ず「現状の実力」に対する「チャレンジ目標」を加味して日常の仕事の中で、どれだけ力をつけたか?!という軸で評価してあげないとお給料が上げられないです。

その会社の中でのスター選手は、常に難しい案件を任される可能性が高いわけで、単純に社内の活躍度みたいなので評価してしまうと、その人ばっかりが評価されたりする。

もちろんそういう人を評価するのは大事なんだろうけど、毎回4以上ってのは、それだけの理由がなければ、一人だけどんどん給料が上がってしまうというガンホー銘柄のような状態になるのもおかしいハズだ。本来は、給料が上がればそれだけこなせる難易度や、役割が難しくなっていくわけで、その人にとっての前期の4評価は、今期の3として評価されるのがあるべき姿だと思う。

ただし、それは給与設計がしっかりしている場合の話。本来あるべき姿があったとして、そこまで引き上げる途中の段階で、伸びしろを評価できなくなる仕組みにすると、結局不満ばかりが大きくなる結果になって良いことはありません。

そして、こういう考え方は期待と共にしっかり共有して同意を取らないといけません。そもそも前期と今期で評価が変わるといった考え方は、事前に同意が得られてないと、「俺は頑張ってるのに....」と社員の人には、あんまり理解されないと思うので、そこはしっかり対話しつつ。

要するに、今、制度がうまくできてないのに、頭でっかちに社員を枠に当てはめると、必ずなんらかしらの矛盾が起きています。しかし、なにせお給料の話なので、結構クリティカルですよ、と。でも、そのことをしっかり説明できる社員は早々いないので、もしかしたら正しい評価なのかもしれないけど、もやもや感だけは残るという状況になります。

また、プロジェクトによって給与面に差が出るのは仕方ないと思いつつ、会社の昇給全体のバジェットを業績連動にするのは当然としても、評価そのものを成果連動にしてしまうと、ハズレプロダクトに参加した人たちのモチベーションが下がってしまう可能性も。

藤田さんの本で、ブレイク前のアメーバに参加した人達のモチベーションが低かったと書かれていたが、もしかしたら、業績連動で外れサービスに参加すると給料が上がらない、、、というパターンだったのだろうか?!と邪推してみた。

そういうケースはままあって、営業は売れ続けることはエクセレントなので、打率がN割以上であることで高い評価を得ると思うのだが、エンジニアは原則、与えられた仕事に対して打率10割であることが望まれるので、営業主体の評価軸をそのままエンジニアの評価に適用してしまうと、ちょっと評価基準が厳しいことになる。

エンジニアは、売上を作る原動力なんだけど、あくまで鵜飼いの「飼い主」の側であって、本当にお金を稼いでいるのはサーバ様やアプリ様なので、評価は難しいです。いずれにせよ、如何に前期より優れた「鵜を育てたか?!」という部分を、うまく評価してあげてくださいまし。そして、売上と連動させるより前に、役割をどうこなしたかで評価できるように。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 嫌な夢を見た
>>次の記事 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想