愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

August 08, 2012

スポンサーリンク

社員は経営者視点を持つべきだ、という話をよく聞く。

「給料が当たり前のように出てくると思うな」

ってことなんだと思う。そういうジレンマのことを言いたいというのはよくわかる。


昔いた会社で、研修所に行って、会社の問題点を語り合うことで問題点を見つけて、明日に活かそうというマネジメント研修があった。

僕の結論としては、

「薄々問題じゃないかと思っていた、会社の問題点がはっきり理解できた」

と問題だけが可視化された研修だった。

結局、その会社はやめてしまったんだけど、その部分は最後まで解決できなかったな。

講師はリクルートから独立されている方だったのだが、そのセミナーで、

「問題があったら会社辞めたって良いんだよ」

という視点でハッパをかけていた。

合わないカップルは早いうちに別れた方がいいよねという本音視点だったと思うが、これこそが「経営者視点を持て」ということだったではないかと思う。

で、その意見をグループでディスカッションすることで、足りない部分に気づき、補いあうというのがおそらく研修の理想的なロジック。でも、残念ながらそこまで到達せず余計に悶々とした研修だったのです。


以下の記事に、面接で評価が高かったハズの新入社員がすぐにやめてしまう現象についての話があった。

"優秀”な新人ほど使えない! 「就活」祭りの後の現実

 どんな仕事であれ、仕事の9割は好むと好まざるとに関係なく、やらなければならない仕事の繰り返しである。自分のやりたい仕事というものは、何年もキャリアを重ねた結果、やっとたどり着けるもの。

 入社して早々、やりたいことができる会社なんて滅多にないことを“オトナ”たちは経験から知っているはずだ。なのに、誰もそのことを学生たちに教えることなく、「やりたいこと」を見極めろと自己分析を徹底させる。

 当然ながら学生たちは、「やりたいことをやらせてもらえる」と錯覚を起こす。内定をたくさんもらい自信を高めた“優秀”な学生ほど、その“錯覚度”は高いかもしれない。

上記文章は、理解できるし面白いのだけど、若干「使う側視点」かなと思った。

錯覚という視点もあるのだろうけど、就活最適化を行った学生を、「経営者視点」で洗脳させてしまってるという見方もあるかなと思った。

「自分のやりたいこと」と「既存の会社がやってること」は一致しなくて当たり前。もしそれを貫き通したいなら自立するしか選択肢はない、でも自分には無理ーというのは、沢山の大人が飲み屋でしゃべってることじゃないでしょうか。

しがらみのない新入社員なら、今のうちに辞めておけってのは、実は合理的な判断ではないのかと思う。

就活のゴールは「少しでも大きく有名な会社に入ること」であって「自分にあった会社」とは限らない、というのもミスマッチの原因にあるだろう。

でも行動し始めたら自分は騙せないので、就職してから自分にかけた魔法の嘘に気づく。

…なんてケースもあるんじゃないかなぁ。

採用する側は、そこまで追い込まずに、

「パンが好きだからパン屋に入りたい」

で最大かつ十分なのではないだろうか。

その代わり、パン屋を成り立たせるために必要な、現時点では想像つかない、いろんな「つまらない」仕事が待ってるから、それは入社してから経験して楽しんでね、と。

社会人の経験がない立場で到達しうる、やりたいことなんて、これで十分なのでは?!

(というか、会社都合で起こるよしなし事を楽しんで頑張れる「性格の」学生を見極めて採用しろよ、と思うのですが、どうなのでしょう。)


新入社員じゃなくても、僕が研修で思ったことがそうだったように、みんなが独立心旺盛な経営者視点を持ちはじめたら、本当にその会社に残るべきなのか?という視点にも当然なるので、そう思われて困るなら、そういうことを考えさせないほうがよっぽど良いんじゃないんでしょうか。

会社にとって都合のいい所だけ「経営者視点」を持てというのは成り立たない。

さらに本音を言えば、会社の実情を見る立場にない社員が、案件単位で「この仕事はうちがやるべきか」みたいな「オレオレ経営者視点」で考えはじめる方が正しい判断ができないと思うわけです。

それこそ状況によってケースバイケース。今、向かなきゃいけない方向は、株主なのかお客さんなのか、という言葉には出せない視点もある。「今、何故頑張るか?」を全員が自分の基準で判断し始めたらまとまらない。

僕が辞めた判断も、会社の実情を見ずにオレオレ経営者視点で行動していた可能性が高い。

社員はそういう立場であって全然良いんですが、それと同時に今だからこそ、やめてしまったことに対して申し訳ないという気持ちはある。そこで助けあう気持ちこそチームたる会社の良い所であって、そこを自分のために、うまく実現できなかったことを残念に思っている。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?!
>>次の記事 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想