愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

December 22, 2012

スポンサーリンク

昨日jawsug(Amazon Web Servicesのユーザーグループ)の勉強会に久々に参加したけど、やっぱりAWSは近年の成功例として注目はどんどん大きくなってるし、そもそも東京リージョンってSIerさん向けのビジネスだっただろうし(今はソーシャルゲームが主力だろうけど)、見るたびに自分は場違いになってるんじゃないかという感覚とセットだったりする。

売れるアイドルの初期のファンと売れてからのファンの違いみたいな。
会場もアキバだし。

ついていけてないってのは、それは自分が彼らの成長に対して、見合った成長ができてないって言う内面的な側面は大前提としてもちろんあって、それ意外にも、いわゆるWeb屋とSIerの世界の違い、みたいな感覚というのは、結構多くの人が抱いているんじゃないかと思う。

サーバーには色がないからね。

でも、懇親会で話をしていたら、まだSAPをAWSに自動インストールするデモをしてくれた方は、自分たちの方がマイナーだって言ってたし、そもそも一緒にエレベーターを降りた人たちは、おそらく誰も懇親会に来てないし、プレゼンが滑るのはネタがつまらないからではなく、誤解を恐れずに言うと、暖かく許される内輪的ノリと、売れてるサービスだからこそという観客の一見さん的なノリ、、、つまりコミット度が違うのであって、おそらく今のAWSUGの課題としては、濃くなっていくコミュニティと薄い一見さんとの中でどうやっていくか?!ということであって、あ、なんというか、WebSigのモデレータに参加している立場として、想像可能な範囲のジレンマを抱えていて、なんとなく無意味な安心をしてみたりをしたw
(って、自分がコミュニティにコミットできてるわけではないので、僕自身、どちらかというと後者に近いのだが)

それでも日本のAWSの初期からご活躍されていて、大変お世話になった小島さんの三周年のお祝いのタイミングに駆けつけることができて、それはすごく象徴的だったし、なんかラッキーなタイミングに参加したなぁと思う。GoogleもTwitterもそうだし、Adobeの太田さんとかもそうだけど外資とのお付き合いにおいて、一人の担当者と顔が見えてることって、海の向こうの日本人にとっては、ものすごい安心感を生み、すごく貴重な存在だったりしますね。

そういう意味では、AWSに関わる担当者の方々とオープンに開かれている現時点って、すごく貴重なタイミングだと思うから、AWSにお世話になってる人は、みんな積極的に参加したらいいと思う。もはやAWSに関わってるスタッフの人も相当人数増えているみたいなので、この先、組織が階層化していって、どんどん皆さんの顔が見えにくくなっていくハズだから、今がチャンスなのかもしれないなぁ。

ということで結論としては、頑張って、JAWSUGの事例に出してもらうようなサービスつくろ、と新たに思った。自分の場合は、いかに少ない人数で何かを成し遂げるかって部分で、もう一度、AWSのポテンシャルを証明していきたいねー。

電通の方のプレゼンも熱くて、ちょっと感動したけど、それと小島さんがスピーチで言っておられたAmazonの企業理念 「Every day is still Day One」が非常にクールで素晴らしすぎます。永遠のベンチャースピリットが企業理念だから、AWSって日本でも短期間に、これだけの成功をしたんだと思う。

以下、人材採用ページで見つけたAmazonの企業理念の引用で締めたいと思います。

Amazonは1995年、小さなオフィスで産声を上げました。world wide webの限りない可能性を信じた創業者兼CEO、ジェフ・ベソス(Jeffrey Preston Bezos)が、ゼロから立ち上げた会社です。当時「インターネット専門の小売店」が成功すると思っていた人など稀であった中での、極めてアグレッシブなチャレンジだったと言えます。

Amazonでは、毎日が常に「Day One」であると考えています。最初の一歩を踏み出す日。新たな挑戦を心待ちにする日。そして今日が、皆様にとっての「Day One」です。素晴らしいビジネス拡大に向け、あなたのアイディアが形になり始める日。毎日が常に「Day One」であることがAmazonを支える力となり、刺激となっています。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。
>>次の記事 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想