愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

July 15, 2012

スポンサーリンク

仕事でずっとScanSnapを使っていた。名刺のスキャンは確かに便利だったが、結局、OCRは実用に足りずゼロから人力で入力してもらっていた。日常的に使っていたのは、請求書や議事録のキャプチャ。特に捺印をした書類をスキャンしてメールで送れば済むような時に重宝していた。

しかし、ScanSnapはあくまでもパソコンで取り込むための機器なので、共有PCに繋いで使っていたのだが、一々共有PCを立ち上げるという面倒くささや、データの置き場としてのDropboxアカウントは共有アカウントなので、たまにPCを立ち上げると、それまでの同期していなかったファイル共有が終わるまでファイルを送信できなかったりして、結局Gmailで送ってたり、やろうと思っていたことが意外とその通りできないという事実に、些細なことだけど無駄な時間を費やしていたと思う。

今回、ブラザー工業さんのブロガーイベントに参加して、スキャンした画像をDropboxやEvernoteに直接保存できるブラザーのインクジェット複合機を見せてもらったので、ちょっとだけ触れておきたいと思う。

MyMio DCP-J925Nというインクジェット複合機である。

ブラザーは、複合機で非常に定評のある会社で、特にスタートアップ、中小規模の会社での10万円以下のレーザー複合機では、全く持って、ここを無視するわけにはいかないという会社です。うちにも一台レーザーの複合機があります。

もっと低価格の1〜3万円のインクジェットはエプソン、キヤノンが有名ですが、そこの層に切り込んできているのがMymio(マイミーオ)というプリンターシリーズ。

今回見せてもらったのは、複合機機能の中に、クラウド連携、スマホ連携を盛り込んできている製品だった。

機能としては、複合機らしいインクジェット印刷、スキャナ機能、カラーコピー機能に加えて、

・スキャンした画像を紙に印刷したりパソコンに取り込むだけでなく、そのままEvernoteやDropbox、GoogleDocs , picasa、flickrなど代表的なクラウドサービスにアップロードしてくれる機能

・スマホ、iPadからWifi経由で、スマホの画像を直接印刷する機能。例えばEvernoteクライアントで表示した書類をそのまま印刷できる。

・スマホ、iPadからWifi経由で、スキャンした画像をスマホ側で取得する機能&アプリ

などが最新の機能として使える。

もちろんシートフィーダ(ADF)はついてるので連続で15枚までスキャンしてくれるそうです。

iPhoneやiPadには、iOSが用意しているAirPrintという仕組みで印刷することができるので、AirPrintに対応してるアプリはそのまま印刷できるようだ。

クラウド連携はなかなか興味深く、たまにツイッターで、

「ScanSnapで取り込んだ画像を勝手にWiFi経由でEvernoteに登録できたら良いのに!」

というツイートを見かけるのだが、それがMymioではできるのです。


ということなので、ScanSnapを使っている人の使い方によっては、こっちの方が便利なケースもあるでしょうね。そもそもプリンターもついてる複合機ですから場所も取らないで済みますし。

しかもイベントでは値段を聞いてなかったのですが、改めて家に帰ってきて値段を調べてみたら、なんと実売1万円ちょっとじゃないですか。イマドキのプリンターって安いのね。


もし、ScanSnapとプリンタを購入するとどんなに安くても3〜4万円すると思いますが、Mymio一台なら1万円とちょっとです。

ちょっとびっくりしましたね。

プリンターのビジネスモデルは、ゲーム機がゲームで儲けるように、インクの交換によるビジネスと言われ、後から儲けるビジネスなので、とりあえず買ってもらわなくては話にならないため、イマドキは信じられないほどプリンター本体の価格は下がるとは聞いていましたが、スキャナがついて1万円とか、もう古くからのパソコンユーザーには信じられません。

複合機としての個性に加え、クラウド対応等の新しいフィーチャーを追加しているのがこの製品と言えるのでしょう。


もちろんScanSnapはスキャン専用機のために、例えば上位機種のS1500などはスキャン専用機としての使い勝手を追求しているので、ちょっと用途が違うのかもしれず、こちらはマルチシードフィーダも50枚まで読めるとか、名刺スキャンの時には役に立ちます。書籍の電子書籍化を夢見て僕も買いましたが結局一度もそういう用途には使っていません。すいません面倒くさかったです。

それぞれ製品特性と価格帯が違うのですが、冒頭に書いたような大多数の事務用途に関して言うと、Mymioで十分なケース、いやむしろ、書類をDropboxやGoogle Document、Evernoteに置きたいフローにおいては、こちらの方が役に立つケースがあるハズ。

たったの1万円で、ScanSnapとプリンタとしての機能が得られるなら、十分、選択肢として挙げられるのではないでしょうか?


なお複合機、クラウド機能に加えて、FAXも欲しいという方はこちらで。

しかし、16000円ですか。安いなぁ。。。

↑の商品のリンク先にある商品紹介動画を見てて、もしや一番メリットがあるのは、FAXをパソコンから直接送る機能と、送信前の原稿をプリンタの液晶画面で確認できることかも。シートフィーダで送る時に、原稿の表裏間違えるんですよね。

免許証のコピーの表裏の場所合わせにも使えるのかな。

うちのブラザーのレーザー複合機FAXとScanSnapをセットで、これ一台にダウンサイジングしたいかも。マジで場所食ってるわりに、複合機はFAXが微小な枚数の受け取りと、コピー機にしか使ってないからなぁ。シートフィーダ(ADF)があるってのはちょっと大きいかもね。

また、プリンターは一台どーんと共有プリンタがあれば良いんですけど、スキャナは手元で作業したいのでコンパクトなのが欲しいんですよね。この機種なら無線プリンターなので好きなところに置けますね。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 知識やノウハウの伝承は死を意識することで行われる。
>>次の記事 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?!
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想