愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

April 19, 2009

スポンサーリンク

僕の会社で立ち位置は、部下にとっては上司であり、かつサービスの責任者としてのプロデューサーという役職になってます。

ということで、僕は会社上の役割としてはエンジニアではないことになっています。

でも、自分をエンジニアだと思っています。

先日、

「何故あなたはエンジニアになったんですか?」

という質問に答えられませんでした。

もう高校の頃に理系を選んだ頃から、何かのエンジニアになるというのが当たり前だったし、大学も工学部ですから、何かのエンジニアになるのは当たり前だったと言えます。何せ現時点での僕の人生の目標は60歳以降、死ぬまでネットを通じて何かを作り続けるための維持費と住む場所を残すことですし。

大学を卒業する時に、いろんな道を考える中で、プログラマーにはなりたくありませんでした。当時はまだインターネットの世界が見えていなかったのでプログラマーと言えば、SIerなどの真面目な世界でしたが、何故か興味は持てませんでした。

何が違うのか?というとあくまで僕の主観での定義となりますが、エンジニアはシステム全体のアーキテクチャから考える。プログラマーはプログラムのことを考える役割だと思ったからです。

当時はビジネスのビの字もわからなかったので、コンピューターシステムが実現している現実はそんな狭いものではないことは社会に出てからわかってきましたが、当時は電気工学などを学んでいたのもあり、物理的に動きがあるものを動かしたいという前提条件があったんだと思います。

そしてWWWと出会った後には、この「物理的な動き」というのは、「人の気持ち」に変わっていった部分があります。まぁヒューマンインターフェースという観点でロボットを勉強していたので、そもそも「人の気持ち」の意識は強かったのですが、より直接的な関与ができるのがWWWなのです。

僕がプロデューサー、、、正確にはWebプロデューサーという職種になっても、自分がエンジニアであると言いきれるのには、システム全体のアーキテクチャにはビジネスモデルも含まれているからです。ビジネスモデルもまた、「人の気持ち」で構成されるからです。

まとめると、Webサイトは、インターネットという通信手段とブラウザに表示される情報を通じて、人の心を動かすことを目的としており、同時に、その先にあるお金を如何に動かしていくか?というビジネスモデルを含めたシステム一式を作ることが、今の役職ではプロデューサーと言われるものであり、それはエンジニアリングの範疇でもある。

それが僕の仕事だと思っています。

うん・・・そういう意味では上司ではないのかもしれないね。


# もしかしたらクリエイターって言った方がわかりやすいのかな。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 CD専門店が消滅する日
>>次の記事 選ばれるための人生より選ぶ人生
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?