愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

March 12, 2009

スポンサーリンク

このブログは、ネットのこと、技術のこと、ビジネスのこと。そして、これらに何かしら関連、連想されると僕が感じたことを書いています。

ネタフルさんのように旬な情報を書き連ねているわけでもないし、ガツガツのアフィリエイターさんのブログではないのですが、それでも僕の書き溜めた記事がきっかけで、楽天アフィリエイトで、月に3,000ポイント前後入ってくることが多いです。

(アマゾンのアフィリエイトも貼っていますが、数的には楽天ですね。弾さんみたいな「へぇ!」と購入ボタンを押させるパワーがある人やPVが沢山あればアマゾンは生きてくると思います。)

楽天アフィリエイトは原則1.0%の報酬なので、僕のブログが存在することがきっかけで、毎月30万円、年間ベースだとおそらく400万円以上、誰かが楽天市場で何かを買っているということです。

通常アフィリエイトの場合、例え僕が紹介した商品じゃなくても、楽天に訪れるきっかけがあって、僕のアフィリエイトクッキーを最後に、その人が、次に商品を買ったものの成果が出るのですが、そういった結果ということになります。

(もし他人のアフィリエイトを踏むと、他人のクッキーになるので購買に近いのは確かだし、ジャストに紹介した商品も売れているのは間違いありません。)

で、

重要なのは、そういうクッキーが云々ということではなく、僕がブログを書いたことがどれだけ寄与されているかはわからないけど、「楽天市場」という巨大だけど、インターネット全体の中では、あくまでも one of themである、たった一つのWebサイトで商品が流通する何かに寄与しているであろう、ということです。

もしかしたら、僕がブログに書いていなかったら、その人は楽天にたどり着くことなく、amazonで買ったかもしれないし、どこかの独自ドメインショップで買ったかもしれない。

そもそもネットで買わずに近くのイオンやイトーヨーカドーで買ったかもしれない。


何が要因でそうなったか、もしくは、そうならなかったかというのは分析するのは難しいです。


ただ言えることは、「少しでも露出が上がれば売れる可能性は増える」ということだと思っています。

そしてネットは「アテンション(注目)」の取り合いの戦いだという事実。情報を制したものが勝つ。(アテンションエコノミー)

最後に、楽天アフィリエイトを通じて、僕がブログを書くときに、積極的に楽天に出品されている商品を自分のブログに貼り付けて紹介しているという事実。


僕と同じブログのPVの人が1,000人いたとしたら(もっと沢山いる)、毎月ブログを経由した人が30万円x1,000人で、毎月3億円の流通が起こるきっかけを作っているだろうということ。

その中にはリンクを偶然踏んでしまっただけの人もいることでしょう。しかし、その偶然踏んでしまった人が、偶然踏んだのか、そのブログをきっかけに買ったのかはわかりません。

ただ、言えるのは、

「露出を上げることは売れる可能性に繋がる」

し、それをやらなければ、こういう

「ネットらしい繋がりを経由して、売上げが上がる可能性は0%」

ということです。

そして僕と同じ人が1,000人いたら、楽天市場で3億円の流通が発生しているであろう事実(仮説)


こういう流れをどう捉えるかというと、厳密に考えると、なんじゃそりゃ意味わからんというのはあると思います。ただ結果的にお金が流れている事実は無視したくありません。

いずれにせよ、現状、アフィリエイトビジネスというものが存在するWebビジネスの枠組みの中で、もしかして、どこかの誰かが、何を買ったら良いかわからないとか、こういうモノが欲しいなと思ったときに、少しでも背中を押すなり、自分の選択をするためのヒントや気づきを与えられたら、それって人の役に立ってるんじゃないか?と思って商品を紹介しています。

そして、その成果を実感するためにアフィリエイトプログラムに参加して、報酬をいただいています。報酬は、商品を紹介する際に発生する潤滑油だと思ってもらえればと思います。


結論も何もないけど、書いてみたくなったので書いてみました。


参考:
ECサイトのメディア事業戦略の資料を作った | smashmedia
河野さんの資料はもっともっと先を見据えているので、決してポジティブな表現で書かれてるわけでないものの「アフィリエイトはECにおいては売上げ原価に近い」という表現は、自分にものすごく刺さっていたりします。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 ランキング、比較、の重要性
>>次の記事 うさんくさいビジネスを見極める簡単な方法
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?