愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

January 25, 2009

スポンサーリンク

同じ「日本語」でも、そのビジネス的意味や意味しているモノが違うので、口頭でわかったつもりになっても、全然思っていることが違うということは、まぁよくある話。

それを解決するために「仕様書」とか「指示書」とか「資料」を作るわけだ。

・相手と距離が取れてなくて、わかったつもりになっていつもトラブルになる人
・人に物を伝えることがうまくない人
・必ずしも自分の得意分野ではない話

あたりでは、必ずパワーポイントやExcelで図や表を使った資料を作って共有して欲しい。

もしあなたがその立場にないのであれば、「自分の解釈が間違ってないか、こういうの作ってみたんですけど見てもらえますか?」と確認を促そう。(メールで送って終わりじゃなくてMtgで話そう!メールはコミュニケーションとして不完全だから。)

そこで伝えて欲しいのは、

1.コトバの意味や目的を改めて書く。
2.そこで、やること
3.そこで、やらないこと、できないこと、無いと思ってること
4.この中でチャレンジすること、余裕でできること

コトバの意味というのは仕様書とかだと「用語集」などでカバーしたりするが、これ結構重要で、その意味をわざわざ書くのは、そのコトバの解釈が人や会社によって違うからだ。

同じ言葉を使っていても思っているレイヤーが違っていたりして、全く誤解をしたまま話を進めていることが多々あって、紙に書いて共有した瞬間に不整合に気がつくなんてことはよくある話。

こういうのは黙って進めると、開発や制作などの実装の段階で気がつくわけだが、その段階までに、後戻りできないことが見つからなかったら、そのプロジェクトマネジメントは負けだ。

自分が思ってることと、他のステークホルダーが思ってることとの差違を露出させるために、相手に「ん?なんか違くね?」って思わせる資料を作ろう。

疑問に思ってることが共有できれば一歩先に進んだと言える。

また、「やること」は割と誰でも書けるんだけど、「やらないこと」を適切に書けない人が結構多い。

この「やらないこと」に、仕様漏れや意志の不整合に隠された真実が見えてくる可能性が高いので頑張って絞り出すべし。

さらに言うと、「やること」だけでは期待がプラス方向に発散して、後々面倒なことに発展する可能性が高い。それは専門家の側が「当たり前にやらないでしょ」ということを暗黙知化しすぎていて、それを共有しないことが怠慢であったとも言えるので、これもまたプロジェクトの失敗に繋がる。

「やらないこと」を適切に共有してこそ正しい実現性の担保が得られると言っても過言ではない。

ただ、「やらないこと」だけをエンジニアなどが上げていくと、経験上、絶対にネガティブになって、物事を進めたい側の人には嫌がられるので、あなたにとって「チャレンジすること」と「普通にできること」を切り分けて話そう。

「チャレンジの高さが低い」人は、スキルがないとみなされると思うが、できないものをできると言って後で苦労するよりは、そこで頑張るか、頑張らないかを見極めて適切なリソースを入れるかというPMの仕事に委ねるべきだし、もしくは、ここまでなら休日頑張って勉強してフォローします、とかは、共有した方が良いだろう。

もちろん、がんばりに対する意欲は見せることは重要だ。そういう時に大事なのは、あなたが信用できるか否か、が一番チャレンジという不確定要素への決断には重要なことで、多分、日本人は頑張ります!と言ってくれる人には優しいから。(自分の力を適切に計れてることは大事。ただの根性論は後で信用を失います)


最近、いろんな人たちと話をして仕事をしてるんだけど、驚くほど思っていることが食い違っていることが多いまま話を進めざるを得ないケースが多かったりする。

今のところ後から調整すれば良いことになってるのでそのまま進めているのだが、本当にそれで良いのかなぁとは思うことは、そりゃ当然あるので、自分にとってクリティカルになりそうなものだけは、ちょこちょこ口出ししてみると、やっぱり思ってるところが全然違ってました!なんてことがよく見つかったりするわけ。

そういう意味で資料を作って共有するというのは大きいなぁと改めて思った次第。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 この話はチェーンメール的な悪魔の話
>>次の記事 「若者のクルマ離れ」
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?