愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

July 04, 2009

スポンサーリンク

おいらは、かつてCMSを作っていたが、MT2.6を見て、管理画面の割り切り方もさることながら、一番衝撃を受けたこと。

それは、

「カテゴリを一個も登録することなく、コンテンツを登録できること」

いわゆるCMSの使いにくさの最たるところは、

「先にコンテンツ構造が決まってないと何も作れないこと」

だと僕は思う。


話ずれるね。比喩の話。

最近、ワイヤフレームの有効性の話を聞くことがちらほら。

デザイナや設計者にとってのワイヤフレームのことではない。

お客さんとのやりとりの手法にワイヤフレームで説明することの是非。

結論としてはこうだ。

「ワイヤフレームで完成品を夢想できるお客さんは少ない。結局、イメージできるのは色や実物のデザインを見てから」

結局、実物を見てナンボという、致命的な部分は捨てられないのね。

この埋めがたいギャップをどうやって埋めて、お客様の暗黙知を引き出した良いサイトを作っていくか。


同様に、夢のあるGoogle Mapsのマッシュアップサイトがダメだと昔思った。

地図に情報を載せて云々、という抽象概念に萌えられるのは、地図が好きな人なんだろうね。

地図は所詮地図。あくまでも地図なんだよ。地図の用途は実用性につきる。

それと同じで、ワイヤフレームは、あくまでも線。

数学ができる人にとっての数式は、目の前のモデルを理解できる素晴らしい仕組みだが、数学がちっともわからない人には、謎の記号にしか見えない。


結局、人は、実物が動いてナンボ。

ここにどう近づけるか。


そういう意味で、MTは、なんのコンテンツの設計もなく

「とりあえずpublishして実物を見ることができる。しかも完成品が。」


エンジニア視点で、律儀にカテゴリを最初に登録しなきゃ何もできないCMSがどれだけあったことか。

カテゴリを後から登録して、あたかもタグページのようにコンテンツとまとめるカテゴリページがが後付けになっている情報アーキテクチャのCMSを見たのは、MTが初めてだった。(少なくとも僕はね。)

このカテゴリが一つあるかないかは、ものすごく大きな違いである。

「カテゴリ一個ぐらい登録してやったらいいじゃん」って思った人は、例えば少なくともツイッターは作れないだろう。

このネタを何度も書いてあまり反論こないから間違ってないかな、とか思ってるのだけどどうだろうね。ご意見あったらコメントが欲しい。

で、だ。

「それじゃ大きいサイトなんて作れないじゃん!」と思った制作者の人は正しい。

だから、Web制作は難しいんだよ。

Web屋が何も配慮できないと、完成してから、「そこの階段の後ろにある大黒柱を切ってください」という話になっちゃうわけ。でも、その大黒柱を立てちゃったのは実はWeb屋の都合であり、必ずしもお客さんの恣意的な思いつきとかじゃなかったりもするわけ。(全てがそうとは言いませんよ。)

そのギャップをどうやって埋めていくかが、Web屋の本当の仕事だと僕は思う。


もちろん、言うは易し行うは難し。
あの頃の僕には、周りの人間を変えることも含めて、難しかったからサービスに行ってしまいました(ごめん)

今ならもうちょっと配慮はできると思うけど。やり方は考えないといけないね。

−・−

ちなみに、実はペパボが提供しているショッピングカートASPの「Color Me Shop!pro」もMTに近い発想で作られている。

商品登録は、商品名と、あと一つぐらい情報があれば、とりあえず登録できる。まずは簡単に商品を登録完了してみて、ショップのプレビューを見ながら肉付けしていくことができるという、EC初心者どころかそれこそパソコンもあまり得意ではない初心者ショップオーナーさんのことを考えて作られている。

MTを使っていない開発者が同じ事を意識して作っていたので、基本的な設計の拠り所は同じだと思った。

後発のショッピングカートASPで、2万店舗以上のお客様にお使い続けていただいている理由の一つ。Color Me Shop!proの最大のメリットは価格優位性だと思うけど、それだけじゃないよ。安かろう悪かろうと言われるのが一番悔しい。

ただ惜しむらくは、サイトアーキテクチャがカテゴリに依存してるので、大カテゴリがどうしても一つは必要だということ。

数万商品のショップも管理できるECのショッピングカートだから仕方ないのかな・・・。MTのメリットが見えてたら、もうちょっと深掘りして議論できたかもね。

あ、ついでに書いておくと僕は、受託を主にやる仕事から、このColor Me Shop!proに関わった結果、遅ればせながら思ったのが、

「受託制作は、例えお客さんがどんな小さな企業でも、他人にWeb制作をお願いするお金を出せるミドルエンドからハイエンド顧客を相手にした商売である。」

ということ。制作者は果たしてこの事実を認識しているだろうか。少なくとも自分たちの理屈でお客様の愚痴を言う制作者はこのことを認識できてないと思う。


【ついでにPR】Color Me Shop!proの店舗が出店するショッピングモールサービスの「カラメル」の開発者募集中です!

株式会社paperboy&co. / 募集職種 - カラメル プログラマー(東京本社)

(これ給料の幅の記述おかしいかも。これが昇級上限に見えるのは僕だけ?少なくとも、FindJobとかで見る他の企業は、300万から700万とか書いてあったりして、700万円のディレクターなんていないだろとか、そう判断してるから、なんか確実に損してるような。昇進すれば規程上は青天井なのと、それ以前に残業代出るんだよ。もちろん給与に20h分入ってるのと、無駄に残業は一切させないけど、適切な残業や深夜休日手当は適切に出してるんで、そこを十把一絡げに一括おいくら万円にしちゃってコスト管理してない企業とは違うのでやっぱ損してる。あなたの携帯も定額制は使ったもん勝ちでしょ?定額制って必ずしも良い訳じゃないのよ。)


インスパイア元:
ユーザーニーズを軽視したCMSは、Web制作者には受け入れがたい: 世界中の1%の人々へ


関連エントリー:
F's Garage:Movable Typeがスゴイと思ったこと

F's Garage:ソニーイベント報告3日目/4:PetaMap

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 R25 モバイル終了の件について。
>>次の記事 ネガティブの高い伝導率と、IE6爆発しろ論
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?