愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

February 05, 2013

スポンサーリンク

Facebookに時間を取られすぎる対策」という記事で、Facebookを極力見ないように心がける術を書いた。この続きというか、再度似たような話を書く。

twitterはかねがね、すれ違いだらけのディスコミュニケーションのメディアサービスだと思っていた。ツイートに対して、@でリプライをしてくれればお互いのコミュニケーションは通じるが、@でわざわざ書くことは少なくなったし、また、140文字しか書けない上に非公式RTは使いにくいので、RTしたことは相手に伝わったとしても、レスポンスはやりにくかったり、エアリプライが流行っていたりで、あえてすれ違いが演出されているんじゃないか?!と思うぐらいだった。

それに対してFacebookは、「友達」の情報や発言は、とことん自分のタイムラインや新着情報に出てきやすくなる。他の誰かのところにつけたコメントに対する反応が通知で返ってくるなど。非常に優れたシステムだ。

しかし、これが自分にとっては思ったより面倒くさく、twitterぐらいのほうが性に合ってるかもしれない、と思い始めた。

最近、AmazonがFacebookに広告費を入れて、Facebookのタイムラインに本の宣伝がひたすら出てきやすくなって、これの影響で買った本もそれなりにあるが、同時に、読まなくても良い本も結構出てきているような気がする。あまりに過剰に出てきて、逆に食傷気味になってきているのが最近の状況。

たまに本屋に行ってみると、そういえば、この平積みになってる本たちは、アレもコレもリコメンドされてたなぁと思って、新鮮味がない(多少誇張は入ってる)。もう少し厳選された情報の方が価値を感じるのだが、相応の数のFacebookフレンドがいると、そこそこ有名な本は、ひたすらタイムラインに流れてきやすいという状況のようだ。

これを便利と見るか、そうでないと見るか。便利と言えば便利だが、その影で起きていることとして、アテンションが特定の情報に集中してしまうという問題がある。つまり、facebookでアクティブな人の発言に濃縮されてしまって、それ以外の情報に出会う時間が失われてしまうことが挙げられる。

Facebookの優れた機能でコミュニケーションが密になればなるほど、限られたコミュニケーションに時間を費やすことになる。

これが世界が狭くなるという状態で、例えば、Facebook上ではみんな選挙に行ってるように見えたのに、実際の投票率はそうでもなかった、というような状況になる。これはユーザー間の行動が密に繋がりすぎて、世界が狭くなっているからだと思う。

内輪で仲良くやっていくには楽しい世界だが、いい大人ともなると、もう少し広い世界を見たいわけなので、そこだけに時間を費やしてしまうのは避けたいところ。


改めて自分が本にも書いていたTwitterが良い点を思い出すと、Twitterは、人生の上澄み部分だけをネットに露出して、その部分だけでコミュニケーションできるところ。別に本当のことを全部、言わなくていいし、表面的な部分だけでコミュニケーションして、もし相手に反応してもらえれば、割とクリティカルに適切な答えが帰ってくればうれしかったりする。

不完全なやりとりだが、本人にとってはリアルな自分と組み合わせて完結しているという補完要素がモバイルの利用状況とマッチしたからこそ、Twitterという140文字しか書けないサービスは成り立っているのではないだろうか。本質的にモバイルのネットサービスは、そのような人生補完サービスであるべきではないだろうか。そう考えると、Facebookの密なコミュニケーションは、モバイル時代のインターネットには完全体過ぎるのではないだろうか。

もちろんトランシーバー用途やグループメッセンジャーのような実用性は高いが、その分、遊びには、ちょっと重いという印象である。しかし、こんなことを書いていてなんだが、サービスの性能が高いのにdisられるってのも、意味のわからない話ではあるな。

これらの印象いずれにせよ、ネット業界繋がりで多数の人たちとの関係性が詰まっているアカウントで感じたことなので、これを普遍化して語るつもりはなく、この文章の全ての語尾には「自分はそう思った」がついていると考えていただいた方が良いと思うが、一応、こんなことを思いながら、Facebookに関する世の動向を観察したいと思っている。

関連エントリ:「Facebookに時間を取られすぎる対策

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点
>>次の記事 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想