愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

April 08, 2013

スポンサーリンク

よくネットサービス成功者の人たちが、つい「最初は受託をやって資金繰りをね、、、」とか言っちゃうもんだから、起業したい若者君達がつい、

「とりあえず受託」

って気軽に言っちゃってるのを見てアチャーと思いました。

諸先輩方こういう発言やめませんか?

受託と一言で言っても何種類かあって、ざっくり書くと、

1.アルバイト的な受託(主に二次受け以下で、持ってるスキルを生かして猫の手を貸す商売)
2.職人的技術系(デザイン、コーディング等)の受託(技術売り)
3.お客様のビジネスの成功のために、長期的な関係性を作るガチ受託

受託のビジネスモデルというのは基本的に利益率商売です。ネットサービスは、サーバーに働かせ、その上でサービスを動かし売上のレバレッジを得る商売です。

根本的にビジネスモデルが違います。だから同じ人が両方やるには相性が悪いです。

受託の利益率を高めるには、たいていが「コストを下げる」ぐらいしかないのですが、コストを下げる方向には、スタッフの能力が向上するというのもありますし、悪名高きオフショアなどがありますが、一番前向きなコスト削減は、

「お客様との信頼を高めて、コミュニケーションコストを下げ長期的な関係を作る」

要するにリピートオーダーを得るということです。これがガチ受託の利益の源泉です。

(常に新規の案件ばかりやってるところもありますが、新しいことばかりで楽しいかもしれませんが、その分、リスクが高いです。大体が少数精鋭の会社です。)

こういう受託請負の会社さんは、そう簡単に受託を離れられません。成功していればお客様と二人三脚的な立ち位置になっていることが理想だからです。

また、2番目の「職人的技術」の人も、お客さんのビジネスが成功していると代替されにくいところもあります。特に運用に深く関わっているとそう簡単に離れられなかったりします。

で、すぐ離れられるのが、ネットサービス系の人たちが言ってしまう「アルバイト的受託」です。

資金繰りのために、自分たちの時間を切り売りする仕事、ですね。
ネットサービスをがっつり開発する活動と相性が悪いです。

故に、「受託をやるか否か」みたいな論点になってしまうのですが、ガチ受託の人たちからすると、アーティストになりたくて、生活のためにファストフードでバイトしてる人たちが、言葉が足りなくてファストフードのビジネスそのものを否定してるように見えてしまうわけです。

で、まぁそこはいいとしても、問題はそういう成功者の人たちの話を聞く人が、「とりあえず受託」などというのを逃げの言葉のように使ってしまったりして、正しいビジネスのあり方を捉えられていないまま、受託業務を毀損していることにあると考えます。

と、いろいろ書いてしまいましたが、結論としては、ネットサービスで成功された方々は、資金繰りのための受託請負なら

「アルバイトしてました」

って言って下さい。そうすれば直感的にもわかりやすいと思います。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb
>>次の記事 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想