愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

February 27, 2013

スポンサーリンク


(これは日経情報ストラテジーに掲載された記事の写真。以下本文)

利用規約ナイト、vol.1,vol.2の登壇者による利用規約の本がでます!

まずいきなり絶対買うべき理由から紹介しますね。

特別付録として、利用規約とプライバシーポリシーのひな形の英訳も収録。

iOSアプリやAndroidアプリはスイッチひとつで海外にリリースできるわけです。利用規約いるよね?しかも海外で訴えられた時に適切な防御できてますか?!いきなりアメリカの裁判所に来いと言われても断れる規約になってますか?!

これが2,394円で買えるのはどの人件費を考えても安い!


ネットサービスを作る人達ならマスト!
すべてのネットサービスを運営する企業なら、最低一冊は買いましょう!事業部が複数あるなら事業部毎に書いましょうw

良いウェブサービスを支える「利用規約」の作り方

著者は、多くのベンチャーの顧問弁護士も勤めてる雨宮弁護士と、某ネットベンチャーの法務担当も務める企業法務マンサバイバルの橋詰さんと、利用規約ナイトvol2でも熱いプレゼンをしてくださった、IMJの片岡さんによる本です。

利用規約ナイトは、くっつきそうでくっついてなかった弁護士とネットサービスとの作り手とがうまく顔を合わせるきっかけだったように思えます。

そもそも事業者側である僕が、ふとしたきっかけで顧問弁護士でもあり利用規約ナイトのアドバイザーでもある猪木弁護士に、こういうイベントってどうですかね?!と、相談したのがきっかけ。

実を言うと、利用規約を弁護士にお願いして作るって実は僕も知らんかったですよ。ペパボの時には、確かに自分たちで原案を作って、法務部門に確認してもらってたわけなので、よく考えてみれば、そうなんですが、あんまり意識してませんでした。

それが自分で会社を作り、サービスを作って、じゃぁ利用規約を作ろうかと言う段階で、あ、適当じゃダメじゃん、って。特に課金系、はたと正気に戻る。

モバツイで課金機能作る際にはグリーの利用規約を参考にさせてもらいましたよ。というかパクリました。恐れ恐れバレたらどうなるのかなぁなんて思ってたら、なんとパクっても問題ない、、、と。それも知らなかった。

最初の打ち合わせで、ひな形を見せてグリーのパクって作ってるんですけどねと、何を言われるかとヒヤヒヤしながらお願いした時に、どうりで猪木さんが何も言わないわけだ。利用規約に著作権がないことは後日、教えてもらったわけです。


サービス事業者と法律家の当たり前の間にあるミスマッチとモヤモヤを解決するために始めたイベントが、さらに新しいきっかけになって本が出るってのは素晴らしいことです。

是非、皆さんも何かの知見や、新しい何かが得られたら幸いです。
ネットを使って、良いことも悪いこともしたい人は、この辺の知識はmustですよ。


なお冒頭の画像は、日経情報ストラテジー 2013年4月号に利用規約ナイト vol.2についての記事を掲載いただきました。これも今日、見本紙が届きました。ありがとうございます。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない!
>>次の記事 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想