愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

May 20, 2009

スポンサーリンク

なるほど。

特急列車はなぜ早いか?(その仕事はなぜ遅いか?):DESIGN IT! w/LOVE

仕事を早く進めるコツというのは、途中で速度を緩めずにすむよう、あらかじめ途中で止まらないための計画をしっかりしておくことだと思います。

特急列車は速いのではなく早い

池袋などを通過する首都高5号線は、結構コーナーがキツイのですが、平均90km/h〜100km/hぐらいでブレーキを踏まないように走っていると、直線でアクセルを踏んで(120km/hぐらいかな)、コーナーでわざわざブレーキを踏んでるような直線番長なだけの車には追いついてしまうんですよね。

その仕事が直線だけで構成されているなら馬力の速い車が単純に速いわけですが、実際は、直線あり、コーナーありの場合は、直線だけ速くても、速く目的地に到着するわけじゃない、ということですね。

受託などの仕事の遂行上、お客さんと多く関わる仕事で夜が遅い人の話を聞いてると、パートナーやお客さんなどの「違う会社」と関わるために必要なオーバーヘッドが思いのほか大きかったりします。

例えば今日mtgをして、明日までに企画書を作らなきゃいけない、となるからこそ残業が発生します。

自社サービスの仕事でも、外部のお客さんやパートナー他社と関わり合う仕事になると、途端にスケジュールが不安定になったりしますね。

だからこそ、なるべく直線を走る環境に専念して欲しい開発や制作仕事と、お客さんと折衝をするSEやディレクターとは職種を分けたり。

しかし、そのありがたみを理解してないというか、直線を走る人が会社員的な権利などと勘違いして、自分のやりたくない仕事をディレクターやSEなどの調整弁的な役割の人に押しつけた結果、のりしろがなくなって、全体が進まなくなるジレンマなんてのも起きたりもしますが、こういうのは場当たり的な仕事のデザインというよりは、会社やプロジェクトチームのデザインだったりしますね。日常的な何か、という感じで。

仕事での役割というのは、役職でも肩書きや職種名でもなく、原則として「目の前のタスクや状況に対して、(最適に)できる人がやる」という考え方は維持したいものです。株主でなければ会社をやめてしまえば誰だって「ただの人」なのですから、所詮は会社での立ち位置など、その会社でのロールプレイに過ぎません。(ただし立ち位置は勢力争いです)

(僕は上司は単純にエライとか、そういう考え方嫌いです…社宅の奥さんに上下関係が入ってくるようなアレ…そういう古き良き日本的考え方は、後輩を上司にすることでリストラへ持ってくなど、結果的に都合良く利用される組織統制の概念でしかありません。そうじゃなくてバントならバント、リリーフならリリーフ。うまくいくための役割に徹することは重要だと思ってます。これなら年上とか年下とかも全然関係ありません。)


余談ですが、上記の理由で、よく言われる「仕事は定時までにできない人は仕事ができない」というのは、お客さんと関わるという外部要因が大きい職種では単純には成り立たない概念だと思います。

個人に落とし込むと、結局は1時間あたり、1分あたりのパフォーマンスが重要、というのは、どんな職種でも変わらないのですが。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 工場内オフショアをやったら、不良が頻発して困ったというキヤノンの話
>>次の記事 値引き行為のマジック
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧

平均90km/h〜100km/hぐらいでブレーキを踏まないように走っている?
そんな人はいませんよ。
制限速度は知ってますか。
オービスは知ってますか。
高額のため勉強して下さい。
http://rules.rjq.jp/bakkun.html

2009/05/20 14:49 めがひっと

要は“speed”と“agility”の違いですよね。
がむしゃらに疾いだけでもダメで、ロードマップを頭に叩き込み、そこそこの速度を維持しつつライン取りなどを駆使して早めに(quickly)コーナーを抜けていかなければならない、と。
さもなければまさかの場面でブレーキを踏み損なって激突=死が待ち受けているわけです。
そしてそれは企業運営のみならず、人生そのものにも同じことが言えるわけで。
 
 
 
ちなみにスキー板でも、ダウンヒル用とスラローム用では板の形状がまったく違います(クロスカントリー用に至ってはもはや別物)。
とにかく直線時の抵抗を減らすことに注力したダウンヒルモデルに対し、機動性を重視するスラローム用はむしろ「いかに素早くコンパクトに曲がれるか」に重点が置かれます(製品によっては性能の追求の結果、円筒形に近い滑走面を持つモデルがある)。
 
 
 
要はそんな感じで、馬力のある職種や職掌はしかるべき場所でガンガン飛ばしていけばよいし、機動力やら臨機応変な立ち回りを要求される部署は本来出せるはずの疾さやパワーにこだわらず機敏かつ柔軟に動けばよい、と。
つまりはそういうことですよね。
 
 
 
余談ですが、特急電車の中には「振り子電車」というものがあって、急カーブでは車内の平衡性を維持しつつシャーシのみがハングする(シャーシとボディが別々に傾く)構造によって遠心力を低減しているのだそうです。
 
 
 

2009/10/25 02:03 船沢荘一
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?