愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

October 21, 2007

スポンサーリンク

今度エントリーは、ただの感想です。でも、たいしたことは書いてないので、普通にこっちに書きます。

参考元:教科書にのらないSEO


丁度、自分の仕事で書いてるブログでSEOの話を書こうと思っててたので、なんかいろいろ得た気分。

>バックリンクの文言が重要な気がする

ふむふむ。確かに素で重要性はなんとなく持ってたけど、これが言語化されたのが最大の収穫。ただ心当たりがあるんだけど、SEOのプロはその辺は重要視してますね。

あと、ページランクが明確に重要となることはあって、

何が重要かというと、ページランクが高いサイトのメリットは、そこからリンクを張るサイトに対する重要性を示してあげられること。

なので、そのサイトのページランクが高いということは、そこからリンクする先のサイトの重要性が高くなる。つまり、そこのページもまた上位表示されやすくなる。


それと、これは、あまり書こうと思っていなかったのですが、SEO業者の活動の中でも、とある会社がやってることをみて、驚いた仕組みがありまして、そこがやっていることは

「昔ながらの相互リンク」

でした。隠しiframeにどうのこうのとか変なことやるより、普通にリンクページを作ってリンクを張る。どうやらこれもまた効果的なようです。


この辺をうまくシステム化して、ユーザーの行動にうまく、SEO効果の付加価値を追加し、自社のアフィリエイト収入に結びつけてるのが、はてなダイヤリーと、はてなキーワードだったりしますね。

なにせ、はてなダイヤリーユーザーが日記を書くだけで、そこに書かれた同一のキーワードに対し、特定のページに対してバックリンクが張られます。で、そこはアマゾンへのリンクが張ってあるページがある。素敵なモデルです。(楽天も同じかな?)

kizasiを見ているとわかりますが、ブログは、テレビ番組で取り上げられた情報が一番書かれるメディアだと思います。kizasiは最初も今もテレビの話題ばかりだなぁと思っていましたが、日本のブログはテレビを中心に回っているということなんでしょう。

そうやって書かれたキーワードはトレンドを表しますから、そこに書かれたキーワードから自動的にリンクを生成し、行き先を一カ所に集中させる。

自動的にキーワードやアマゾンなどへリンクする商品ページが検索上位に上がってくる仕組みが、そこにはあるわけです。

はてなキーワードって、そこに書かれたコンテンツそのものはwikipediaに負けている印象はありますが、マネタイズの仕組みは、しっかりできている素敵な仕組みだと思います。
(ばらつきが多く収入が安定しない、とは、セミナーでおっしゃっていましたが。)

で、僕がやってるショッピングポータル カラメルも、はてなのSEOの仕掛けも参考にして作っていたりするのですが、カラメルの場合は、売り上げに伴う手数料収入を一切いただいていない、弊社のColor Me Shop!proのお客様へのリンクに限られるので、はてなみたいにアフィリエイト収入をもらうこともなければ、楽天みたいに手数料でボロ儲けることができません。

なので、せめてショップオーナーさんにはカラメルをご利用いただくことでしか、僕らはお金をいただけないわけなので、せめてその辺をアピールして、沢山のお客様にカラメルをご利用していただくためにブログを書いてます。(なんのこっちゃ。書くところが違う。)


ところでページランクって、パーマリンク一つに対して割り当てられるパラメータじゃないのかしら。だから「サイト全体」とか、サブドメインとか、そういうのは一切関係ないと思っていたんですが。じゃなきゃ、「wwwあり」と、「wwwなし」でページランクが変わるということもないと思いますし。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 re:SEOとかXHTML準拠とかって宗教なんじゃないの?
>>次の記事 TV放送はイノベーションのジレンマを迎えるか
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想