愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

August 21, 2006

スポンサーリンク

僕も同じ事を感じてました。

はてぶがドンドン馬鹿になっていく

例えばgigazineをそんなに登録するなら、gigazineを定常的に見に行けば良いんじゃん?と思ってました。はてブを使うからにはコメントが活用されているかと思えば、そんなに有用なコメントがあるわけでもなく。

はてブに依存しすぎ。

ということで、他人のフリ見て我がフリ直せと、最近、RSSリーダーを如何に有用に使うかを考えていたりします。そもそも、はてブのhot entryで完全に他人のお世話になれば楽できるかなと思ってたわけですが、最近甘かったかなと感じていて、やっぱり自分である程度情報を集めて、うまいぐあいにフィルタリングしてくしかないのかなぁと。

でも、SBMサービス事業者にとってはチャンスですよ。
こういう話って、googleが出る前の検索エンジンと同じ話じゃないですか?


以下いろいろ書いていて、まとまらなくなってしまったので箇条書きに留めます。

■ロングテールで思ったこと。
・はてブはネット上の人気分布をそのまま反映したもので、その分布としてロングテールになるわけだが、テールの方は普通に埋もれている。hot entryは良質なテールを抽出するわけではない、と思う。
情報認知の加速度が上がったのは確か。googleの検索、クリック履歴を集計すると同じような人気分布になるんじゃないかと思う。

・アマゾンのロングテールは、たまーに売れる本の売り上げを取りこぼしなく集めていったら大きな塊になっていたというもの。

・ロングテールで激しく儲かったという「出版社」を聞いたことがない。(知らないだけだったら教えてください)

・アマゾンのテールとして売れた1冊は「みんなに価値がなかったもの」だが、「買った一人の人には価値があった可能性が高い」

・その一人がイノベーションを作るかもしれない。しかし、これはgoogle的概念では無価値とされている。(というかサンプリングの範囲外)

・この概念は就職活動で高学歴の人ほど合格する可能性が高いというのと同じ概念。人事担当者の時間は有限なので、何かのカテゴリに依存することでざっくりと確度の高い情報を抽出しましょうというもの。googleの場合は被リンク数であり、hot entryの場合はブックマーク数がそれにあたる。

・重要なのは、ロングテールのテールを発掘する技術は誰も考えついていない、というか無理っぽくね?と。(間違ってたら教えて!!)、例えばアマゾンのロングテールとは技術的には全文検索エンジンを使うユーザー行動に支えられている概念に過ぎない。(ビジネス的には、その検索クエリに応えられる商品DBと流通体制を整えたところが重要なんだけど)

・結局、無理なもんは無理というか、多分、システムでは限界があるので、ブックマーク先エントリの全文検索を取り入れて、高い精度の検索結果を提示できたら、面白いことがユーザーの手によって再発掘できるんじゃないかな?と。


入力を出力に変えて終了じゃなくて、いかに情報を原資に新しい情報入力として循環する生態系を作るか?みたいなところでカバーする。
あぁ、途中まで自分のことを考えながら書いていて悲観的になってたけど、最後にちょっと光が見えたので、もう寝る。

休みボケになってたけど、ちょっと仕事モードで会社いけそう。つか明日は忙しいのっ。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 ゲド戦記に見るネット評価への考え方
>>次の記事 VOXのAjaxの使い方
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想