愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[会社活動]の最新30件
2013年からのWeb関連ビジネスの方向性と、「100万人から教わったウェブサービスの極意」kindle版 320円キャンペーンのお知らせ 3Dプリンターに対する単純な疑問 会社を辞めるまでの期間、1.5ヶ月以上は会社の甘え エンジニアの評価が4以上にならないワケ 嫌な夢を見た シャープの液晶は成長技術や否や 決断力がある人の弱点 うだうだ書く ブラックという言葉から逃げるな 若い奴が抱く年齢への恐怖なんてどうせわかってないで言ってるから気にするな。 人は見たい現実しか見たくないという問題 プレーヤーとして戦い続けるための意志力 エンジニアの未来サミット 2012 for Studentsで話をしてきました。 Amazonの企業理念「Every day is still Day One」が素晴らしすぎる。 「エンジニアの未来サミット for students 2012」に登壇します。 責任フリーのイノベーション 想創社 version2.0を設立しました。 世界は勝手に変わるのではない、誰かの手で変えているのだ。 Webのベンチャーが目指す先はカンバン オワコンのガイドライン ブラック企業の定義 家入さんのラジオ番組に出演した件と、WebSig1日学校で講師をやる件 技術力、ソフトウエア発想共に最もアップルに近かったシャープ…X1/X68の思い出 Twitter api ver1.1、痛いところ、痛くないところ IMJの上場廃止の文章に思うこと。 フリーエージェント社会の到来は、そのまま企業体の没落を示すわけではない。 ミッション・クリティカルについて考える〜AndroidよりiPhoneの方が好きな理由 社員は本当に経営者視点を持つべきなのか。 三木谷社長のインタビューは終わりの始まりになるのか?! ScanSnap+プリンタを1万円で代替するクラウド対応のインクジェット複合機の話
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

February 16, 2005

人事評価[会社活動]
スポンサーリンク

いわゆる実力主義の人事評価は、データセンター保守とか受託開発業務のように「無事平穏に終わった場合が最大の効果」という役割に対する適切な評価はできているのだろうか?

松下電器、職種別賃金制を検討 年収、配属で大きく変動
個人の貢献度が明確にあらわれる職種では、付加価値の高い商品を開発したり、抜群の営業成績をあげたりした社員の給与が増え、成果を上げられなかった場合は減る可能性がある。

開発とか営業とか、何か新しいものを得る職種は給料が上がるチャンスがあり、そうでない職種は、それなりにしか給料が上がらないということでしょうか?

冒頭に書いた受託開発業務のような職種だと、それそのものがどれぐらいチャレンジだったのか?を適切に判断してあげないと、評価もMAX100%が打ち止めなわけで。

つまり、同じ徹夜したとしても、そこにどうチャレンジがあったのか、なかったのかを判断するわけだから、業務に対する適切なリスク判断が伴わなければならない。

しかし、往々にして、そんなリスク判断ができていないからこそデスマーチなどの悲惨な状況がおきていると考えるのが妥当であるわけで、そういう意味では、評価ができないことのほうが多いのではないだろうか?

そうすると最大で成果100%が限界となってしまう。さもすれば減点法になりかねない。
新規のなにがしかを評価するのは大事だが、当たり前の業務を当たり前のようにこなすことの重要性は、往々にしてその人たちがいなくなってから実感することになる。

実力主義という評価方法について、こういった部分も適切に評価されているかどうかはすごく疑問を持つ。

さらにいうと、その人たちの「現在の収入」が、役割に見合ったものであるか否かというのも変数にいれなくてはならない。
あるキャリアに対する給料の理想値が設定してあれば、最終的にたどり着く給与が決まり、そこに対して年齢は無関係だから、年功序列ではないという言い方はできるが、そんなものが決まっている職種は少ないだろうから、実際、この人の給料を今回、何パーセントあげることが、役割と活躍度に対して最適化された変動率なのかを答えられる人がどれだけいるのだろうか?

つまり、同じ貢献度でも、現在の給料とモデルとなるべき到達地点との関係で、一人一人給与の変動率が変わってくるのが普通だと思うわけだが、そんなことまで考えてはいられないだろう。

まぁ松下のように新卒入社を基本とする会社なら不満も出ないかもしれないが、中途入社の場合は、元の給与も含めてバラバラだからきわめて難しい判断が求められるが、はたして、社員へのモチベーション向上を生み出すだけのプランが組み立てられているだろうか?

逆に、定常業務担当の社員満足度の低下をもたらす制度だったとしたら、しいては会社全体の士気の低下ももたらすかもしれず、それならやらない方がマシだったということもあるだろう。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[会社活動]のエントリー
<<前の記事 スパム?本物?
>>次の記事 タッチタイピング脳
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想