愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

July 21, 2009

スポンサーリンク

よくECでは、「かご落ち」という言葉がある。

一般的に言われるのは、買い物かごに入れてから実際に、商品が購入されるまでの間に、ユーザーが買い物を諦める数のことらしい。

その理由の筆頭にあげられるのは、大体、入力フォームの善し悪しと言われている。

入力フォームがわかりにくい、とか、余計な情報が載っている、などの理由だ。

それは本当だろうか?

僕等ネットマニアは、いささかWWWに対して潔癖すぎるところがあって、やれメールが毎日送られてくるのはウザイだとか、アフィリエイトURLはウザイだとか、フォームでいろいろ聞かれるのはウザイ、という自分なりの美学を持っている。

この美学が、入力フォームのわかりにくさ、と言う事例がマッチするので、そのような答えが心地よいというのはあるのは否めないと正直思っている。

ー・ー

■インセンティブゲーム

入力フォームに情報を入力するのは間違いなく手間だ。

それは間違いない。

しかし、その手間を遂行し、目的が完遂するかというのは、以下の要素が一番大事だと思っている。

1.その手間を完遂するだけのインセンティブがあること。

2.そもそも不可能でないこと。


「わかりにくすぎる入力フォーム」があって、アドベンチャーゲームの答え探しのようなヒドイフォームがあれば、かご落ち率90%も夢ではない。

また、とにかく「かごに入れてしまえばいくばくかの割合で買われるだろう」という乱暴なカートシステムがあったら、ユーザーが購入へのインセンティブが全くない状態なわけだから、そりゃカゴ落ち率が高いのは当たり前。

でも、そんなイマドキ、そんなひどい入力フォームなんてあまり見かけないし、入力フォームがわかりにくすぎて完遂できない、というのは若干都市伝説が入ってやいないだろうか?

SEOのメタタグだとかH1等という、外部リンク一つに対して割とどうでもいい効果しかないことにこだわるのと同じく、それよりももっと大事なことがあるのではないだろうか?

ー・ー

■間違いなくユーザーが萎えることはこっちだ。

1.わかりにくい商品情報で、買えるのか買えないのかわからない。

2.わかりいくい納期説明

3.わかりにくい送料

4.わかりにくい在庫

5.わかりにくい決済手段

6.カード決済がエラーになる。

こっちの方が大問題だ。

カード決済がエラーになる、ということを除くと、入力フォームの善し悪しよりも、もっと基本的な商品購入情報に不備があるケース。

これはカゴ落ちを間違いなく誘発する。

というのも、こういう状況は、

「その手間を完遂するだけのインセンティブ」を否定しているからだ。

モチベーションと読み替えても良いかもしれないが、要はこういう理屈だ。

「その商品にお金を出して買おうと思ってるぐらいモチベーションがあるんだから、人はそれなりに創意工夫をして購入を目指すハズ」

それに対して、

「トータルで、いくらお金を取られるかわからないお店では買えない(怖いから)」

自分は、1円でも不明瞭なところがあると固まってしまって買えないタイプ。少々高くてもわかりやすい店で買います。許容幅は10万円の商品なら+1万円以内までならOK。

「いつ商品が届くかわからない不明瞭さは、休日にお店に行った方が早いかもしれないので致命的(怖い)」

「カード決済がエラーになったら、余計お金が取られそう(怖い)」

何よりも致命的なのは、恐怖を抱かせること。

入力フォームがわかりにくいのは、恐怖ではない。あまりにひどければ、目的が完遂できないか、ワケワカで諦めてしまうかのどちらかに繋がるかもしれないが、そんなヒドイ入力フォームの話をしているわけではないことは繰り返しておく。

ITスキルの度合いがあるから、別に自分と比較してるわけじゃないが、その人にとって少々、面倒臭い程度で諦めるような商品だったら、最初から買わなくても良いハズだ。

別に入力フォームの出来、不出来を無視していいというわけじゃないが、カゴ落ちの理由を入力フォームという、自分たちにとって一番都合の良い理由に見出すよりは、もっと自分達にとって当たり前になっている基本的なビジネスロジックが顧客にとって不安を与えてはいないか?について徹底的に考えた方が相対的にお得。

ー・ー

■そう思ったきっかけ、根拠。

単純に、そういうアンケートをしたことがあって、上記のようなことを示唆する結果が帰ってきたという経験則はあるってのはあるんですが(入力フォームのわかりにくさよりも重要なことがあるという結果)、それだけじゃなくて、何個かの経験即に基づいている。

・ツイッターの画面って超わかりにくくね?でも人増えてるし。
 (おいらツイッターの画面超苦手なんだけど)

・FaceBookもね。最近はよくなったけど、そもそもアクセスする気にならない画面

・最近、複数のブログASPでテストをする機会があったんだけど、シェアが高いblogシステムの使い勝手があまり良くないと思った。でも、魅力はそこじゃないんだろう。

・インセンティブについて意識したのは、Youtube。
iPhone 3GSからYotubeに動画がpostできるんだけど、カテゴリの選択とタグ、タイトルの入力は必須項目なのね。あれ面倒臭いんだけど、ただ動画をデータとしてアップされると、Googleにとってはゴミが増えるのと同じだから、メタデータの入力が必須なのは正しい。その代わりアップロードが面倒くさいので、動画をアップするインセンティブとの戦いのハズ。

それでもiPhone 3GSが出て、Youtubeの投稿数は激増したとか。


もう寝ないと明日死ぬので、風呂に入って思いついたことを一気に書いてみました。
乱文失礼。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 日本人にとって一番使われてるハッシュタグ
>>次の記事 twitterは「みんなのもの」じゃない。
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?