愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

December 30, 2007

スポンサーリンク

僕が事の発端だったらしい、ここ最近のWeb屋さんにまつわるお話の反応を見てて思ったこと。

こんなタイトルのblogを見つけました。

「情報デザインは誰がやる?。」

2004年に、こんなエントリーを書いてたからタイトルが懐かしかった。

Webの設計は誰がやるの?

当時はIAとか情報設計なんて言う言葉の概念すら知らずに悩んでました。
「誰のためのデザイン」も読んだことない、ただの開発者。

悩んでたのは「デザイナーがやる感覚的な情報設計に振り回されるプロジェクトの構図」みたいな部分でしたね。

文字通り「自分たちが何作ってるかわかってなかった」。2004年にもなって、そう言い切るのはマズイけど、それまで素で、品質のコアを担ってた人がいたんでしょうね。その人も自覚せぬまま、なんとか調整してて。そういう人がその役割から抜けた瞬間に、体系化されていないプロセスってものに気がついたのがその頃。

懐かしい。そこから、文書情報設計のたかやまさんとお知り合いになって、IA Instituteを運営されているbAの佐藤さんや、WebSigのIA分科会をやっていただいたネットイヤーの坂本さんとか、IAAJを運営しているコンセントの長谷川さんという日本のIAのメジャーどころに繋がっていったんだっけか。

そういえば、はてブなどを情報ハブの中心にしていると、こういう人たちを知る機会ないけど、どうなんだろ。長谷川さんとかは、よくイベントとかには出てるからそんなことないのかな。この辺の人たち激しく忙しげでオンラインに情報出してないのは機会損失生んじゃってるよなーとか言ってみたり。

参考:情報デザインエントリ一覧

情報設計が、デザイナーや開発者と言った担当者間で、バレーボールのお見合い状態に落ちてしまうってのはよくあること。その辺の力関係は会社の性格が強く出ます。システム都合だったり、デザインマターだったり、それぞれが主張しすぎたり、遠すぎたり。

さらにペパボに転職して、情報設計やシステム仕様設計をする人がかなり曖昧になりました。ペパボの場合は、サービスにもよるけど、デザイナーと言われる人が初期の機能設計をやってたりするね。この場合のデザイナーは、「デザイン&エクスペリエンスデザイナー」というのが妥当かもしれないな。いわゆるビジュアルデザイナーとは違う人だけしかやれないことだけど。

さらに他のブログでは、この話の流れでDTP屋さんの多くが、紙という単一のI/Fに捕らわれたデザインしかできてない的な話があって、それって、もう2000年以前ぐらいから言われてたことだったりもしますね。

なかなか、みんなのコンセンサスってのは進歩しないもんですね。

過去に同じ事を思って、いろんなことを試行錯誤してきた人と、断絶してるのかなぁ。
それとも知る機会があっても、単純に興味やニーズがないだけか。

顧客要望やトレンドの部分が進歩しなければ、作り手の考え方も進歩しにくいってのは、受託産業の難しいところかと。特に二次受け三次受けとなるとひっくり返すのも無理だろうし。

ただ沖縄のCSS niteに行った限りでは、別に東京の制作者と違和感なかったけどな。というか、そういう人だけと話したのかも知れない。

そういえば、この話題のツリーを追っていって、CSS nite岩手の開催に反対って言う人がいた。
それは多分考えすぎなんじゃないかなーと思った。経験してから判断しても良いんじゃないかな。なんか悪の魔王が襲ってきて、みんなが表面的なテクニックだけに溺れるような暗黒面に落ちちゃうんじゃないか?ぐらいの感覚なのかな。んなこたない。

とりあえず人の出会いの機会は大切にした方が良いですね。僕も、そうやって沖縄に行けたわけだし。僕に至っては、沖縄で青森から来た人と一緒に飲めたという不思議。

あと沖縄の人たちは、横の繋がりを作るきっかけにしてたかな。うまく機会を利用してくださいって話だと思う。


#朝5時に書いてる文章は、どこか飲み会の二次会みたいなノリになってる気もする。これこそ後で消すってエントリーかもしれず。(別にこれを書いてる時点で煽りでも、なんとかメソッドでもないので念のため。)

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 profileサイトってつまらない。
>>次の記事 はじめてWebプログラミングをするなら PHP? Ruby?
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧

名前が上がっていたので(笑)

もはや紙(DTP)と比較することがどうかと思う訳です。
逆に紙から来てグラフィック→構造設計に携わっている自分としては、紙をやっていてよかったと…。というかエディトリアルね。問題はそれぞれの俯瞰力かな…とか[謎]

ウェブのひとびとがDTPと比較する際に、優劣的なアレも気になったりします。むしろそんな暇あるのかと(笑)

あと、あれですね。一番情報設計とか知っておいてほしいのはアカウント持っているひと。営業はノーマンは読むべきかと。

あ、名前消えてる(笑)

あ、名前消えてる(笑)

た、タイミング悪かったですね。すいません。

あまりに話の展開が唐突すぎてカットしてしまいました。

森川さんのレスを尊重するために、見てない人のために話を繋げておくと趣旨としては、

今回の件で、反応してくださった人の中であったのが、今もまだDTP屋さんが、Webのデザインどうしようという話があって、そういうのも2000年以前から変わってないよね、という話でした。

そこで、ずっと前からやってる森川さんとかなら、きっと思うところは沢山あるに違いない、と思ったということが書いてありました。


というか、そんなスピードで対象の人に見られてるかもしれないのか・・・(w

アクセスする人が増えれば、その確率はどんどん上がってくとはいえ。もちっとちゃんと書かないとアレだな。
RSSリーダーの更新タイミングで消した内容を後から突っ込まれたりもするし。

MT2.6だと、実際のデザインでプレビューできないので、ある程度は仕方がないんですが。

あ、来年もよろしくお願いします。

2007/12/30 12:16 f-shin
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?