愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

September 05, 2008

スポンサーリンク

もう1週間が経ってしまいましたが、8/28に行われたYahoo!の子会社であるOvertureのインタレストマッチのblogイベントに行ってきました。



■Overtureとは?

検索連動型広告を提供しているOvertureはYahoo!の検索を提供している会社であることは知っているとは思いますが、その歴史は意外となかなか知らなかったりします。

ビル・グロスとGoTo.com
検索連動型のビジネスモデルを思いついた人
1998年

GoogleがAdwordsをはじめたのが2002年
日本はOvertureよりGoogleの方が早い

日本では、以前は、Yahoo.incに買収された外資の会社だったが
昨年、Yahoo Japanの100%子会社になった。


ブロガーに馴染みの深いGoogleのAdwordsは、Overture(Yahoo!)にライセンスを支払っています。



■インタレストマッチ広告とは?

インタレストマッチとは、ユーザーが閲覧中のページ内容やユーザーの興味(過去の利用履歴、検索履歴)とお客が登録している広告内容が合致する場合に広告を表示する興味関心連動型広告

Adsenseのようなコンテンツマッチ広告は、そのページに表示されているコンテンツに見合った広告なのに対して、インタレストマッチは、過去のWeb利用履歴を加味して、マッチングする広告となります。


僕の解釈としては、

1.記事の内容よりPVが多い方が有利。

2.Yahoo!を利用するユーザーが訪れるサイトが有利。

ということで、あまり専門特化していない一般日記系のblogサービスが、この広告を導入するととても有利なんじゃないかと思ったりしました。



■インタレストマッチ広告の存在意義

まず「閲覧」と「検索」の違いの理解が重要。

総PVの伸びが停滞する一方で、1PVあたりの閲覧時間は成長
以前より閲覧時間の重要性が増している


ヤフーの総利用時間が86億時間

その中で検索が占める割合は6%
残り94%が閲覧時間


検索をする人→目的が明確
閲覧ユーザー→興味を持っている人と、興味をもってない人が混在

興味を持ってる人には広告効果が高い。6%のトラフィックである検索連動型広告の方が収益が上だった。

コンテンツマッチは、たまたま閲覧しているユーザーには広告効果が低い

インタレストマッチの市場規模見込み

「94%のトラフィック量」貼られるページが検索連動型の10倍
仮にクリックレートが1/10だったとしたら、トータルで検索連動型と同等ぐらいの市場になる見込み


今までのコンテンツマッチは、「サッカーページ」を開いたら「サッカーの広告」を表示する。

もし、過去に「浦和レッズ」「ホテルの予約サイト」「沖縄旅行」「国内旅行」について調べていたとしたら、このユーザーにとって興味がある広告は果たしてサッカーの広告なのだろうか?

もしかしたらより適切な広告は、旅行やホテルの情報なのではないか?ということを解決する。


■アドパートナープログラム

アドパートナー - Yahoo!ウェブオーナーセンター

Google Adsenseの競合サービス
Yahoo! Jappan IDがあれば広告を掲載できる。


今までの広告商材:

表示回数に応じて報酬

イメージ広告
行動ターゲティング広告

ブレイナーコンテンツ連動型広告
クリックに応じて報酬が発生
テキスト広告
コンテンツ連動型


これからはこうなる:

インタレストマッチ

クリックに応じて報酬
テキスト広告


アフィリエイト収入は、Yahooポイントで受け取れる。
もしくはYahooウォレットで受け取り
(現金は1000円から受け取り可能)
報酬を1ポイントから受け取り可能


■まとめ

本blogは、コンテンツマッチの方が向いているけど、movatwitterのような雑多なページへの広告マッチングはインタレストマッチの方が向いているかもしれません。

モバイルも対応すべく開発するとのことでしたので、そうなったら良いかも。モバイルの行動履歴取得の方法は、特別なノウハウで作っているためで教えられないとのことでした。クッキーが埋められるブラウザはクッキーを使えばいいけど、あとは、UA と IP とを組み合わせたり、統計的に求めたりするのかな。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 オープンソースと秘匿性のジレンマ
>>次の記事 Joostがビジネス的にイケてないらしい。
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?