愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[書評系評論]の最新30件
システムがもたらす信頼を如何に作るか DeNA南場さん「不格好経営」 吉野家が「デフレ」の象徴は間違い〜「本当の経済の話をしよう」を読んだ エンジニアが一番、エンジニアらしく、シンプルに独立する方法 リーンスタートアップ実例として、オイシックス成功の苦労を描いた本「ライフ・イズ・ベジタブル」 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ4(完) 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ3 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ2 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ 「さあ、才能に目覚めよう」をやってみた 楽天ゴールデンイーグルスというベンチャー企業~「絶対ブレない「軸」のつくり方」書評 全文検索機能をつけたいWebサービスで必ず考慮したい1冊「Apache Solr入門」 マスコミは、もはや政治を語れない 「自分をデフレ化しない方法」を読んだ。 ツイッターがあれば名刺はいらない ~ 「ネットがあれば履歴書はいらない」 SEOには、運用のSEOと設計のSEOの2つのフェーズがある。 CS4のお得な購入方法~法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる 「インターネット&Webの必須常識100」の執筆に参加しました! ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 「ワタシが主役」が消費を動かす―お客様の“成功”をイメージできますか? 「紳竜の研究」を心で記憶する。 真のライブをゲットせよ 〜2011年 新聞・テレビ消滅〜 やっぱり仕事で重要なのはプロモーション力だと思う - 「仕事するのにオフィスはいらない」 着々と広がるPython包囲網に君は立ち向かえるか?! 勝間和代さんの本が苦手な理由 ネットオタどもは自分の来た道を常に振り返るべき〜グランズウェル 買いたいけど買えないアマゾンカートの中身一覧 才能のあるレジのおばさんに相応の給与が支払われない合理性 GoogleDan ネットで売れるもの売れないもの
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

April 19, 2008

スポンサーリンク

「Web担当者を育てるコミュニケーション力」という本を献本していただきました。

Web担当者を育てるコミュニケーション力
佐藤 有美 玉井 光則
技術評論社
売り上げランキング: 126302

Web担当者Forumがとても象徴的で、今更ながらWeb担当者というセグメントが僕の中で明確になった。(全然関係ないですが、Web担当者Forumって名前良いですよねぇ。)

Webの受託を行う人たちにとってのクライアントとは、直接関わる「Web担当者」と、構築したWebサイトの上でプロモーションなどを行う企画担当者、さらに彼らの上司や、システム運用をする人たちなど多様な職種がいるが、その前線に立って制作会社とのインターフェースになるのが「Web担当者」だ。

と、当たり前のことに長々書くなという話だが、何故書いたかというと、このWeb担当者の存在は、そのWebサイトで成功するのにとても重要な役割を担う。そして、Web担当者の後ろに様々な意志決定をする人がいるという事実も重要。

以前、Webサイトは、「Web担当者の熱意以上のサイトは作れない」と僕は考えたことがある。担当者の熱意が低いと、それをWebサイトという成果物で支援する制作会社のアウトプットも、その熱意の低さが反映されてしまうからだ。

更に、うまく行かなくなってしまう案件は、別れる直前のカップルのような状態になってることが多い。大体、別れ話を切り出す前には、お互い同じようなことを感じているという話があるが、最初から冷え切った関係になっているのではなく、様々な要因によって関係が冷え切って行ってしまう。

逆に、いくら熱意があっても、「制作者と連携する勘所」がないとなかなかうまく回らないこともある。コストと熱意(やりたいこと)が全然噛み合ってなくて、制作者が苦労ばかりするとか、自社内で報連相ができてなくて、よかれと思ってやっていたことが社内の別の人にひっくり返されるとか、いわゆるKYなクライアントではそれはそれで辛い。

そんなことを制作側の視点から記述したのが本書である。

ということで、あくまでも制作者側の意見という感じはしなくはないが、それはそれで制作者サイドがこうして欲しいと思っている状況、みたいなのでもあるので、うまくWebサイトを作りたいと思っているWeb担当者は読んだ方が良いと思う。

制作会社とのコミュニケーション以外に、エンドユーザーとのメールやblogでのコミュニケーションのことも掲載されている。

・Web制作者も休日休みたいと思ってるし、定時で帰りたい。(一部除く)
・Webの目的は顧客とのコミュニケーションである

この2つの言葉にピンのこないWeb担当者がいたら是非、読んでみると良いと思う。

きっと、そういうWebサイトでは、外注先がころころ変わっている(変えている)とか、外注が言ったことしかやってこないんだよなぁ・・・とか、あまりWebサイトの存在意義や成果が見えてないんだよなぁ・・・とか、効率的ではない何かが起きているのではないかと思う。

別に仕事を減らせとか、そういうことじゃない。時間を忘れるぐらい、どれだけ一緒に燃えられるか!が大事だということだと。


なお、この本のタイトルは、「Web担当者を育てる」とあるが、ハードだけど有意義なクライアントの案件の場合は、「Web制作者を育てる」という部分もある。

ここで何が育つかというと、主にはクライアントのビジネスへの理解である。ここをうまく導けるWeb担当者は、制作者とは真のパートナーとして長く良好な関係を結ぶことができて、結果的にリスクが減って、プラスの方向に回っていくハズだ。アメとムチというと怒られるが、何に誠実であって、何に厳しいか?というのを勘違いしていると制作者もついてこない。同じ利害関係にある部下とは違いますからね。


【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[書評系評論]のエントリー
<<前の記事 成功したプロジェクトのキーマンたち、を読んだ
>>次の記事 「オタクはすでに死んでいる 」を読んだ
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?