愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[書評系評論]の最新30件
システムがもたらす信頼を如何に作るか DeNA南場さん「不格好経営」 吉野家が「デフレ」の象徴は間違い〜「本当の経済の話をしよう」を読んだ エンジニアが一番、エンジニアらしく、シンプルに独立する方法 リーンスタートアップ実例として、オイシックス成功の苦労を描いた本「ライフ・イズ・ベジタブル」 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ4(完) 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ3 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ2 「とにかくやってみよう」を否定する「リーンスタートアップ」まとめ 「さあ、才能に目覚めよう」をやってみた 楽天ゴールデンイーグルスというベンチャー企業~「絶対ブレない「軸」のつくり方」書評 全文検索機能をつけたいWebサービスで必ず考慮したい1冊「Apache Solr入門」 マスコミは、もはや政治を語れない 「自分をデフレ化しない方法」を読んだ。 ツイッターがあれば名刺はいらない ~ 「ネットがあれば履歴書はいらない」 SEOには、運用のSEOと設計のSEOの2つのフェーズがある。 CS4のお得な購入方法~法人税が分かれば、会社のお金のすべてが分かる 「インターネット&Webの必須常識100」の執筆に参加しました! ニコニコ動画が未来をつくる ドワンゴ物語 「ワタシが主役」が消費を動かす―お客様の“成功”をイメージできますか? 「紳竜の研究」を心で記憶する。 真のライブをゲットせよ 〜2011年 新聞・テレビ消滅〜 やっぱり仕事で重要なのはプロモーション力だと思う - 「仕事するのにオフィスはいらない」 着々と広がるPython包囲網に君は立ち向かえるか?! 勝間和代さんの本が苦手な理由 ネットオタどもは自分の来た道を常に振り返るべき〜グランズウェル 買いたいけど買えないアマゾンカートの中身一覧 才能のあるレジのおばさんに相応の給与が支払われない合理性 GoogleDan ネットで売れるもの売れないもの
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

June 16, 2009

スポンサーリンク

最近、Pythonという言葉を聞くことが増えた。昔は、アメリカのエンジニアが好んで使っている印象で、ちょっとしたユーティリティやWindowsフォームがPythonで作れていたり、てっきり海の向こうの言語だと思ってたけど、最近は行く先行く先でPtyhon , Pythonと聞こえてくる。

RubyもPerlも満足に使えてないのに、もうこれ以上厳しいよ!という人で、でも、気になって仕方がない人は、これを読んだら良いんじゃないかな。

10日でおぼえる Python 入門教室
穂苅 実紀夫 寺田 学 中西 直樹 堀田 直孝 永井 孝
翔泳社
売り上げランキング: 100643
おすすめ度の平均: 4.0
4 丁寧に説明している。

著者陣の一人であるCMSコミュニケーションズの寺田さんより献本いただきました。

普通、10日でおぼえるシリーズというのはプログラムの超初心者の読むものだと思っていたけど、多様化した各種言語の乱立の時代においては、プログラム経験者がまずは基本やお作法を押さえていくために結構役に立つと思う。

というのも、イマドキのプログラム言語で一番大事なのは、リファレンスを見ればすぐわかる文法じゃなくて、「その言語のトレンドを知ること」だと思う。

フレームワークとか、イケてる書き方か、コミュニティとか。

そういう意味では、「Pythonの今」がどうトレンドであるかと言えば、そうGoogle App Engineへの対応であろう。

本書の構成は以下のようになっている。

1日目 Pythonはじめの一歩
2日目 Pythonを本格的に使ってみよう
3日目 Web APIを使ってみよう
4日目 日本語とファイルの扱いを学ぼう
5日目 便利なツールを作ってみよう(アクセスログ解析、Excelファイルを取り扱う、写真の加工)
6日目 デスクトップアプリを作ろう(GUIを作る。RSSリーダーを作る)
7日目 エラーとテストを学ぼう
8日目 データベースを操作しよう (SQL Alchemyを使う , O/Rマッパー)
9日目 Webフレームワークを使ってフォトログを作ろう(Pylons)
10日目 Google App Engineを使ってフォトログを作ろう

こう改めてみると、ひとしきり必要なものは全部含まれてるいることがわかる。

Pythonもイマドキのプログラミング手法である、Rails的なフレームワーク、apiプログラミングや、O/Rマッパー、果てはクラウドまで、ちゃんと対応しているんだ、ということがわかるだけでも結構朗報。

そして何よりゴールにあるGoogle App Engine。
クラウドコンピューティングは世界を一つに繋げる。ということは世界のトレンドに追従するシーンが増えるということだ。

その代表例としてのPython。

たしなみとしてチェックしておくか、自分が必要になるまでスルーするかは、その人次第だが、着実に存在感は向上している。

とりあえず10日という世界で、試して慣れて、次へのとっかかりを作るのは、本書の特徴かもしれない。


10日でおぼえるシリーズを見てたら、railsもあった。

10日でおぼえる Ruby on Rails入門教室
arton
翔泳社
売り上げランキング: 37211
おすすめ度の平均: 4.5
4 Ruby on RailsのWebアプリ開発を体験できる
4 中身は良いけどCD-ROMに問題あり。。。
5 網羅している範囲に特徴があるのがよいです
4 構文より設定コマンド多い。
4 とても中身が濃いのですが...
【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[書評系評論]のエントリー
<<前の記事 勝間和代さんの本が苦手な理由
>>次の記事 やっぱり仕事で重要なのはプロモーション力だと思う - 「仕事するのにオフィスはいらない」
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想
この記事への提案、提言一覧
この記事への提案、提言









あなたの情報を保存しますか?