愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[Web系]の最新30件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう ネットでの選挙活動と投票率 Web2.0がうまくいかなかったワケ WebにおけるMVCアーキテクチャの勃興と変遷 何故、PCはブラウザ、スマホはアプリなのか。 言っとくけどスマホは退化でもあるからな。 アイコン5000円とか、Web受注(発注)価格について。 残念なWeb論の骨子 HTMLってホントよく出来てるな。 「やまもといちろう×イケダハヤト対談イベント」のログを読んで ネットサービスの成功者は「とりあえず受託」という言葉使うのやめません? 全収集型RSSリーダーの終焉とソーシャル化するWeb 頑張ると報われるプログラマーの社会とは。 Perlが○○な話 アメリカ製品のすごさと不思議とワイヤフレーム どの人件費を考えても絶対にお得!利用規約ナイトがきっかけの本が出ます。 クラウドやモバイルを、もっと仕事で活用したいけど、どうやって会社を説得したら良いかわからない! スマホアプリらしいUXとは。 インターネットの変化に対して起こるモヤモヤすることを考え、整理する活動 Facebookは見なくてもいい情報が出てくるSNS 「あなたは影響力があるから、そんなことを言っちゃいけません」の問題点 Facebookに時間を取られすぎる対策 Paypalの本人確認がむかつく件 ネット系イベントがとても主催しやすくなった件 モバイルファーストが失敗なハズはないが、今はまだ時期尚早 やりがいはソートできない…非情なデータベース社会 2012年までのふりかえりと2013年へ ブラウザという平面の限界 ブログ記事の流通の難しさ
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

July 11, 2006

スポンサーリンク

座った席の隣がR30さんと、「キャズムを超えろ」の和蓮和尚さんと一緒になれてラッキーでした。
というか、隣の方が出された名刺にR30って書いてあってビビりました(笑)

イノベーション勉強会というのは、僕がイメージしていたものと違って、イノベーションを勉強するというより、イノベーションを指向した人達のビジネス勉強会というニュアンスでしょうか。YouTubeを見たことない人もいらっしゃったりして。

肝心の内容は、R30さんと和蓮和尚さんのまとめにすべて書いてありますので、そちらを。
YouTube-Google型企業になるための4つの法則
YouTubeを強くするのは動画版AdWordsと家電連携だ

僕自身も「YouTubeがイノベーションとは思えない」で、「世界中の人にひろくあまねく動画コンテンツを提供することにより地域ターゲティングされた広告配信による広告収入」ということを書いていたので、このテーブルにおいては概ね意見が一致していたんじゃないでしょうか。

この週末、Dan KogaiさんのBroadcast 2.0をきっかけとして、この話がそこそこ盛り上がっていたので、結構楽しめました。

現状のYouTubeが実現する物は、あくまでもオンデマンド配信であって、アーカイブの域を超えてないわけですが、TVが提供するのはリアルタイムで大多数の人が同時に見られる「放送」であって、それとこれとは違うような気がするんですが。broadcastという言葉は、同時に多数の人が見られるという意味を内包していると思うので、オンデマンド映像をbroadにcastするというのとは言葉の意味が全然違うのではないでしょうか?

NBCが提携したという具体的な内容は全然知らないけど、現状のTVとYouTubeはその守備範囲がまったく重ならない補完的な存在であると考えられてるから提携できたのではないだろうか。それに対してNapsterと、音楽業界は完全にバッティングするから潰されたのではないだろうか。

YouTubeが、電波放送の代わりになりそうだとなった瞬間に、既存のTV局にYouTubeは潰されかかるのではないだろうか。(例えば、インターネットのライブ配信の同時接続性が解決されるとか。)

そうならないためには、それ相応の体力を持って、TV局の枠組みをコンテンツ供給エンジンとして買収するとか、子飼さんがおっしゃられてるような、気がついたら世の中が変わっていたかのいずれかが重要に思えます。(配信のリアルタイム性が電波のメリットなら、オンデマンド配信に対する補完関係という見方もできますし。)

しかし映画会社はどうなんだろう。映画会社の最近はDVDで儲けると聞くが、そこはNapsterのようにYouTubeはバッティングしてしまう立場のように思える。もし、iTMSのような販売チャネルの一つとして受け入れられたいならば、DRMは必須のように思えるんですが。


最近自分が思うこととして、音楽にせよ映像にせよ、見たいコンテンツに執着がなくなってきて、なんか楽しげなコンテンツを見て今の時間を楽しく過ごせれば良いやと、iTunesのラジオやTVを雑多に見ていることが増えてきました。昔は、特定のビデオや音楽を何度も何度も聞いていたのですが、iTunesのようにコンテンツが多数になってくると、どうでも良くなってきたりして、そこでいわゆる「編成の力」ってのが生きてくるんじゃないでしょうかね。

だからYouTubeであるとすれば、ソーシャルブックマークの人気エントリーのような形での「編成」かなぁとは思います。24時間YouTubeを見ていても飽きません、、、とかになったら良いのかなぁ。

気になるのは、その時のパーマリンクの使い勝手は、電波のように時間とチャンネルに紐づく、いわゆるストリーミングで言う「ライブ配信」がもたらすコミュニケーションを超えるのでしょうか?

いわば、2ちゃんねるの実況板みたいな時間の共有ってすごく楽しいコミュニケーションなわけですが。

なんかここにはいろいろイノベーションが隠れていそうですが、失われる時間があるからこそ、また価値があるという部分は否定できないなぁ。(これって技術者として失格?)

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[Web系]のエントリー
<<前の記事 ネットに出す自分と日常の自分
>>次の記事 Webでゼロスタートから成功例を作るのはWeb1.0時代からの悲願
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想