愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[モバイル系]の最新30件
スマホと携帯で違う所。 Firefoxが実現するスマホのオープン化とガラケーエコシステムはHTML5で復権するか?! コンピューター将棋には人間にあわせてバッテリーか何かの制約をもたせるべきでは? 気の利いたWiFi設定がされてるコワーキングスペースでモバイル開発をする。 あえてkindle paperwhiteをdisる! スマホが導くアメリカ旅行、6つのポイント スマホより大画面のタブレットを、カバーをつけた重さで考える。 kindleがやってきた! 2012年末のMacのノートは、MacBook Airがベストバイ 今出たばかりのiPad miniは、iPad2 mini iPhone5のバッテリーが持たない件の2つの改善 自分のiPhone5、現時点の3つの問題 ソフトバンクiPhone5に通信速度制限があるのかないのか。 iPhone5購入、そりゃオサイフケータイ乗せないよね。 iPhone5予約した話と今後の進化について雑感 iPhone5にNFCが搭載されなくて良かった MacBook Pro Retinaのdot by dot(2880x1600)で果たして作業はできるか?! MacBook Pro with Retina Displayを購入した イーモバイルの買い方から見る、イマドキのモバイル端末選びの難しさ。 t.freeの破壊性と、言う程そうでもない点 細かい話で恐縮ですが、MacBook Airにスマホやタブレットを繋いで充電する時のTips たった700円で作る、自宅や会社の侵入者検知 iPhoneアプリ 新iPadはたまげた。拡大縮小という面倒な操作無しで日経新聞が読めます えっ新iPad買わないの? Siriがパスロック状態で動くことが問題じゃなくてさ モバツイ+Siriで、音声でツイッターに投稿する。 Siriが、iPhoneの持ち主の個人情報を教えてくれる件 ClearのUIを考えてみた MacBook Airを買った時の話 スマホUIの難しさについて一言 ~ モバツイsmartリリースしました!
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

May 16, 2013

スポンサーリンク

高いレベルの人間同士の勝負というのは、「ミスをしないこと」が雌雄を決する。つまり、人間という基本構造が同じ者同士が、体力、技能、精神力、頭脳等を高めることで「ほんのちょっと他者より抜きん出る」ことにこそ価値があるんだと思う。

それに対して、コンピューター将棋は計算リソースも電力にも制約がないのは不平等だと思う。お腹すかないし、眠くもならないなら、能力の劣化要素がないじゃんか。

「人間対コンピュータ将棋」頂上決戦の真実【後編】
一手も悪手を指さなかった三浦八段は、なぜ敗れたのか

コンピュータープログラムのロジックがしょぼいとか、バグがあるからというのは、コンピューター技術側の都合でしかない。それを高めることについては、コンピューターの進化にとっては価値はあると思うが、人間との勝負の文脈に持ち込む必要はない。

十分に進化したコンピュータープログラムであれば、人間同士のかけっこの勝負の世界に、F-1の車を持ち込んで勝負をするようなものだ。

コンピューター将棋も最初はミニ四駆だったかもしれないが、今は確実に人間は抜ける自動車レベルにはなってるらしい。ここでのポイントは、人間はどんなに早く走る訓練をしてもF-1にはなれないが、コンピューターはミニ四駆からF-1カーに進化できるということ。その前提で考えないと、文脈の違う勝負に人間が傷つくのは的外れだと思うし、再現性の勝負でコンピューターに勝てると思ってるならそれは慢心ではないだろうか。

そもそも心理的に戦いに影響しない「仕掛け」に人間が価値を見出してしまうのは人間らしい話だが、コンピューターにとっては計算結果の一つでしかない。

コンピューター将棋も、人間とやるのではなくコンピューター将棋同士、バッテリーや計算リソースに制約を持たせて、そのルールの中で戦うのであれば、実質、コントロールする技術者同士の技術力の戦いになって楽しいかもしれない。CPUが正しい計算をするという部分は平等な上で、プログラムやハードウエアの勝負になるからだ。

ゲームの原点が、もし戦争に起因するものであれば、常に電力が提供されるというのは、そもそもありえない状況のハズなので、電力に制約を持たせて、その範囲で戦うというのは理にかなってると思う。逆に人間をスタンドアロンのモバイルコンピューターとみなせば、コンセントにつないで、常にフルパワーを発揮し続けることはできないのだから、そこはあわせようよ。

それはさておき、人間による競技者が本当にコンピューターに恐れを抱くのは、コンピューター同士じゃないとできない面白い競技が出来た時かもしれないね。手塚治虫や松本零士の世界みたいだけどね。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[モバイル系]のエントリー
<<前の記事 気の利いたWiFi設定がされてるコワーキングスペースでモバイル開発をする。
>>次の記事 Firefoxが実現するスマホのオープン化とガラケーエコシステムはHTML5で復権するか?!
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想