愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[モバイル系]の最新30件
スマホと携帯で違う所。 Firefoxが実現するスマホのオープン化とガラケーエコシステムはHTML5で復権するか?! コンピューター将棋には人間にあわせてバッテリーか何かの制約をもたせるべきでは? 気の利いたWiFi設定がされてるコワーキングスペースでモバイル開発をする。 あえてkindle paperwhiteをdisる! スマホが導くアメリカ旅行、6つのポイント スマホより大画面のタブレットを、カバーをつけた重さで考える。 kindleがやってきた! 2012年末のMacのノートは、MacBook Airがベストバイ 今出たばかりのiPad miniは、iPad2 mini iPhone5のバッテリーが持たない件の2つの改善 自分のiPhone5、現時点の3つの問題 ソフトバンクiPhone5に通信速度制限があるのかないのか。 iPhone5購入、そりゃオサイフケータイ乗せないよね。 iPhone5予約した話と今後の進化について雑感 iPhone5にNFCが搭載されなくて良かった MacBook Pro Retinaのdot by dot(2880x1600)で果たして作業はできるか?! MacBook Pro with Retina Displayを購入した イーモバイルの買い方から見る、イマドキのモバイル端末選びの難しさ。 t.freeの破壊性と、言う程そうでもない点 細かい話で恐縮ですが、MacBook Airにスマホやタブレットを繋いで充電する時のTips たった700円で作る、自宅や会社の侵入者検知 iPhoneアプリ 新iPadはたまげた。拡大縮小という面倒な操作無しで日経新聞が読めます えっ新iPad買わないの? Siriがパスロック状態で動くことが問題じゃなくてさ モバツイ+Siriで、音声でツイッターに投稿する。 Siriが、iPhoneの持ち主の個人情報を教えてくれる件 ClearのUIを考えてみた MacBook Airを買った時の話 スマホUIの難しさについて一言 ~ モバツイsmartリリースしました!
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

March 08, 2012

スポンサーリンク

音声でツイートを投稿する方法のご紹介!

■忙しい人はこちら
モバツイsmartの「メール(mms)でツイートを投稿」するアドレスを、アドレス帳に「ツイッター」で登録して、Siriで「メールでツイッターに送る」としゃべると、メールを使って、ツイートを投稿することができます。

修正!「○○○へメッセージを送る」としゃべると、メールじゃなくてMMSで送れるのでタイトル不要です。こっちの方が速いです!

■まず使い勝手をご覧ください。

窪之内英策先生に書いていただいた可愛い女の子に話しかけるイメージで、ロック状態から試しましょうか。

まず「ホームボタン長押し」でSiriが起動します。


あ、もうモバツイの壁紙はダウンロードしていただけましたか?

ツイッター(Twitter)クライアント・モバツイのユーザー数が150万人を突破しました!漫画家・窪之内英策先生によるオリジナルイラスト壁紙(PC、スマートフォン、ケータイ用)を無料ダウンロード配布中!


ここで「ツイッターへメール送信」とSiriに語りかけます。
(追記修正:「ツイッターへメッセージを送る」の方が速いです!)

するとメール送信フォームが表示されるので、Siriの指示に従います。

スマートフォンからのメール投稿については、本文を優先してツイートするように変更しました。
(携帯電話からのメール投稿はメールタイトルを優先します)

本文の入力が終わると、送って良いですか?と確認されるので「はい」と答えます。

これでツイッターに投稿されます。

■メール投稿に興味をもった方は以下の手順で準備しましょう!

1.まずiPhoneのSafari(Webブラウザ)から、モバツイsmartにログインしてください。

行き方は「モバツイ」で検索してください。

URLは、こちら http://www.movatwi.jp です。

2.twitter idでログインしたら「ツイート窓」を表示します。

3.「メッセージ(MMS)から写真付きツイート」をクリックします。

始めてだと写真サービスの選択画面などが出てくるかもしれませんが、適当に押しておいていただけますと。

4.その後、iMessageが起動するので、送信先アドレスを「連絡先」に追加します。

追記:よく考えたらiMessageの画面から、日本語変換の音声入力でぽいぽい投げてしまえば音声投稿できますね。非同期にメッセージを投げますから、ここなら音声実況も行けると思います。

5.新規登録先を作成がよいでしょう。

6.使いやすい名前をつけて登録します。

これで準備は完了です。

あとは、「○○にメールを送る」とSiriに語りかけてもらえば、メール経由でツイートが送信されます。

本文の方がツイートに送られますからね。



そう遠くないうちに、iOSのtwitter連携で送れる日が来るんでしょうが、今のところ「ツイッター」と入れても反応してくれないので、その日までどうぞ。

視覚障害者の人が音声投稿できますよね。そこ大事ですよね。

あとAndroidでも同様の方法で音声投稿できると思います。

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[モバイル系]のエントリー
<<前の記事 Siriが、iPhoneの持ち主の個人情報を教えてくれる件
>>次の記事 Siriがパスロック状態で動くことが問題じゃなくてさ
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想