愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[モバイル系]の最新30件
スマホと携帯で違う所。 Firefoxが実現するスマホのオープン化とガラケーエコシステムはHTML5で復権するか?! コンピューター将棋には人間にあわせてバッテリーか何かの制約をもたせるべきでは? 気の利いたWiFi設定がされてるコワーキングスペースでモバイル開発をする。 あえてkindle paperwhiteをdisる! スマホが導くアメリカ旅行、6つのポイント スマホより大画面のタブレットを、カバーをつけた重さで考える。 kindleがやってきた! 2012年末のMacのノートは、MacBook Airがベストバイ 今出たばかりのiPad miniは、iPad2 mini iPhone5のバッテリーが持たない件の2つの改善 自分のiPhone5、現時点の3つの問題 ソフトバンクiPhone5に通信速度制限があるのかないのか。 iPhone5購入、そりゃオサイフケータイ乗せないよね。 iPhone5予約した話と今後の進化について雑感 iPhone5にNFCが搭載されなくて良かった MacBook Pro Retinaのdot by dot(2880x1600)で果たして作業はできるか?! MacBook Pro with Retina Displayを購入した イーモバイルの買い方から見る、イマドキのモバイル端末選びの難しさ。 t.freeの破壊性と、言う程そうでもない点 細かい話で恐縮ですが、MacBook Airにスマホやタブレットを繋いで充電する時のTips たった700円で作る、自宅や会社の侵入者検知 iPhoneアプリ 新iPadはたまげた。拡大縮小という面倒な操作無しで日経新聞が読めます えっ新iPad買わないの? Siriがパスロック状態で動くことが問題じゃなくてさ モバツイ+Siriで、音声でツイッターに投稿する。 Siriが、iPhoneの持ち主の個人情報を教えてくれる件 ClearのUIを考えてみた MacBook Airを買った時の話 スマホUIの難しさについて一言 ~ モバツイsmartリリースしました!
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

June 26, 2012

スポンサーリンク

iPhoneのカメラを使って、家への侵入者を検知してくれるホームセキュリティ用のアプリ作れないのかなぁと思って探したら、あった。さすがだ。

思いつく用途は、2種類

1.家や会社への侵入者を検知したい。
カメラの映像の中で侵入者が見つかると映像を録画できたり、侵入があったことをiPhoneにプッシュで教えてくれる

2.ペットや病気の家族の様子を旅行や外出先から確認する、みまもり用途


これを実現するには、何個かのアプリの準備が必要である。

多分、このアプリが、あまりレビューサイトに紹介されてないのは、何個かアプリとデバイスが必要になるので初心者にはわかりにくいからなのだろう。しかし、MacやiPhone、Androidを何台も持て余しているF's Garage読者であれば、相当エクセレントなアプリなハズなので、できるだけシンプルに説明したいと思う。


■1つ目 すべての中心となるMac、PC用アプリ「iCam Source」

PCまたはMacの内蔵カメラの映像を、インターネット越しから見る事ができる、iCam sourceというMac,PC用のアプリだ。

無料。ダウンロードはこちらから

このアプリ単体で映像をネット越しに配信できることはもちろん、映像内に何かの動きが見つかった時に、その事を録画したり、iPhoneにプッシュしてくれる機能を持っている。

もう少し書いておくと、このアプリはiCamの会社が用意しているクラウドサービスと連携するクライアントアプリで、インターネットを経由する動画映像はそのクラウドサービスが中継している。

例えて言うとパスワードが設定できる自分専用のUstreamやニコ生の配信アプリみたいなものだ。


■2つ目 iPhoneやiPadをリモートカメラにする「ipCam」

このIPCamをiPhoneやiPadにインストールすると、単体で内蔵カメラの映像をLANの別のコンピュータから見る事ができるアプリなのだが、更に、上で紹介したiCam sourceにWifi経由で登録することで、iCam Sourceがインターネットに映像を送出してくれる。

つまり、余っているiPhoneやiPadを、そのままリモートカメラ(IPカメラ)にしてくれるアプリだ。iPod touchはもちろんandroidにも用意されている。

iPhone、iPadであれば、電源ケーブル一個あれば、美観の邪魔にならないようカメラを設置できるので、家に余っているiPhoneを使って、簡単かつきれいに監視カメラを設置できる。

これはIPカメラを実現するだけのアプリなので安めで250円
次に紹介するiCamと名前が似ていてややこしい上に、同じ名前の他社のアプリが3つあるので、確実に以下のアイコンを選択する事。

ipCam - Mobile IP Camera App

カテゴリ: 写真/ビデオ

価格: ¥250


■3つ目が、外出先のiPhoneから、これらの映像を確認するための「iCam」

外出先に持って行くiPhoneに入れるアプリ「iCam」
iCam sourceに接続してある最大16台のカメラを遠隔から確認できる。

カメラ映像で何やら怪しいぞと思ったら、iCam sourceの設定を遠隔から操作して動きがあった時の録画を開始させたり、iPhoneにプッシュして連絡する設定のon/offを操作できる。

また、macに保存してある映像を、iPhoneのカメラロールにコピーしたり、警察にメールで送ったりすることができる、といたれりつくせりだ。

(追記)このiPhoneは常時電源onにしなきゃいけないの?という質問があったので追記しておくと、映像を見たい時以外はアプリを常時、動かしている必要はない。もし侵入者を検知したら、iPhoneにプッシュで教えてくれる設定ができる。また遠隔からそれぞれのカメラ毎に、プッシュ通知や録画の設定がコントロールできるので、今、やばくね?と思ったら外から設定できる。とにかく、iPhoneらしさはそのままで使えるから安心してください。


となると、逆に遠隔から侵入者に連絡する方法の一つも欲しいと思うだろうが、iCloudで用意されているFind my iPhoneやFind my Macなどを連携すれば、外出先から、家の中にあるiPad等に警告音と共に脅しのメッセージを送りつけることも可能だ。

これなら、警察を呼んだと連絡すれば泥棒もすぐに出て行く事だろう。

このアプリが肝なので、ちょっと高めで450円。Android版も用意されている。

iCam - Webcam Video Streaming App

カテゴリ: ユーティリティ

価格: ¥450


ということで、沢山iPhoneやiPad、iPod touchをお持ちであれば、遠隔監視ソリューションを実現するためのソフトウエアが約700円から実現できる。凄い時代だなと思う。

で、最後に念のため、このアプリを提供しているのは海外の会社なので、家の映像を流して信用に足る会社なのかは私にはわからないのだが、ワールドワイドにサービスを提供するってのは、こういう風にやるもんなんだろうなぁとも思ったりするので、そこも含めてユーザー側で判断してうまく使ったら良いと思います。

アプリからは寄付を送る事もできる。一定量以上使うなら有料オプションで月額利用料を払って使うべきサービスだと思うので、活用できそうなら是非寄付もしてみてください。

参考リンク:
自宅の様子を外出先から監視できるiPhoneアプリ

【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[モバイル系]のエントリー
<<前の記事 新iPadはたまげた。拡大縮小という面倒な操作無しで日経新聞が読めます
>>次の記事 細かい話で恐縮ですが、MacBook Airにスマホやタブレットを繋いで充電する時のTips
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想