愛車:マツダアテンザ
Webを中心とした、ビジネス&テクノロジーに関する思いつき
by F-shin
[ このサイトについて ] [ F-shinについて ] [ トップ ]
iPhoneアプリ
author:えふしん
photo_20.jpg
藤川真一について


初代モバツイ開発者
想創社再創業 / KMD博士課程
著書〜100万人から教わったウェブサービスの極意―「モバツイ」開発1268日の知恵と視点 [Kindle版]
お求めやすい夏休み特価!
AMN sponsor rolls
このカテゴリ[日常生活]の最新30件
トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想 「あ、安部礼司」果たして飯野っす君は結婚できるか?! 愚問? < 緊急アンケート!安藤美姫選手の出産を支持しますか? | お知らせ - 週刊文春WEB 最近日経平均が好調なので株を見ていて自分なりに学んだこと。 有料コンテンツの閲覧導線に関する駄文 カーシェアリングが成立するのは都内だけ?! パトレイバーファンがにやりとしてしまう最後の踊る大捜査線 車買い取り一括査定で車を売却したメモ ネット時代だからできる生活コストの最適化について。 おおかみこどもの雨と雪感想【ネタバレなし】、花が住んでいた舞台は中目黒!?(訂正、国立でしたー) いじめ自殺という万に一つの現象と現場感の麻痺について。 福島原発の後始末を担う30年後の「誰か」に向けて。 初心者がマンション買う時に犯しがちな、たった一つの大きな過ち カーシェアリングのメリット、デメリット、精神的問題点 やりたいこと見つからない症候群 ファミマダイエットは最高です。 人が釣られる心理構造・メモ 持つ者の失う恐怖と、持たないものの選択の自由 東京のタクシーは全車suica搭載にすべき理由 ヨドバシカメラのイーモバ 1円セットの内容が適当すぎる 自ら調べ学び行動できる日本人になろう。 PCは終わった論について。 「終わった」の線引き コクリコ坂についてひとことい(ry... TVを消してエアコンをつけよう! 吉祥寺の方に行くと、なかなかレアなサービス障害が起きる件 人間が手のつけられない原子炉という人の作りしものの矛盾 放射「能」というよくわからない言葉を理解するために。 一人一人がよかれと思うことの総和 住宅ローンを完済しました
[このカテゴリをもっと見る]
Powered by
Movable Type

July 22, 2012

スポンサーリンク

おおかみの子供という表現で、男と女、それぞれの成長と旅立ち、そして母親の子離れの構図を、田舎、自然という非常に狭い世界でまとめあげたという点が素晴らしい作品だったと思います。

母親心理の描き方が絶妙のようで、ツイッター上でも子育て経験のある人が、この部分を絶賛するような反応もありましたが、原作、監督の両方をこなした細田監督は子供がいらっしゃらないようで、そこはさすがプロ、と言ったところでしょうか。よくネットサービスでも子供ができると子供向けネットサービスを作る人が沢山いますが、できれば子供がいるいないに限らず、子供を持つ親御さんに便利に使ってもらえるサービスを作れたらプロですよね。

ふろむださんが、この映画に関するblog記事で

【ネタバレなし】「おおかみこどもの雨と雪」はどのように面白いのか?


恋する少女から母になったり恋愛から家族愛に変化したりするのではなく、「恋する少女であると同時に母である」ということでもなく、恋愛と家族愛の融合ということでもなく、「母であることが恋する少女であることの部分を構成している」、そういうラブストーリー。

というのは非常に納得しました。多分、そういう要素がないと結構ベタになっちゃうと思うのですね。

また、特にこの作品を見る男性にとって、自分の母親だって昔は一人の女性だったわけだよね、ということをどこかで上書きしてあげる必要はあったと思います。そういえば、ジブリに母親が主人公だった作品はありませんからね。

丁度、この作品の前に、映画館に見に来たのは「コクリコ坂より」だったのですが、主人公の描き方が、割と似ている印象があったんですが、この作品には母親である花が、性としての女性っぽさをしっかり出しているところなんだろうなぁ。

でも、そこの球の投げ方はアニメらしく絶妙なんでしょうね。女性としては乳首は描かれないけど、母親としてはあえて描かれていたり。


あと視点の話で、子供達をオオカミの視点で見ると、まだ子供達が小さかったころの散歩をせがむシーンなどは、人間の言葉をしゃべれる犬だったら、こんな感じなのかなぁと思ったりしました。人間の視点以外でも割と興味深いシーンがありましたね。

ただ、その比喩は男の子(雨)の成長に描かれていて、雨が新しい出会いを通じて知り行く世界はいわゆる「社会(会社社会)」の比喩なのかなとは思いました。母親が理解し得ない世界を通じてアイデンティティを形成していくわけですね。


絵の描き方も含めて、非常に繊細な作品でした。


記事のタイトルに書いた中目黒の話は、いくつかの絵がそんな印象があったという話ですので未確認です。マニアの方は追っかけてみてください。するとあのシーンはもしや目黒川?!ということなんですかね。とても印象的なシーンでしたね。
(追記:さっそく、舞台は国立じゃないか、という指摘をもらいましたー:->
 一橋大学が舞台なんですねー。)

最後に、先日TV放映時にはツイッターのタイムラインを占拠していた「サマーウォーズ」ですが、「おおかみこどもの雨と雪」公開記念ということで期間限定の格安版が出たそうです。

3年前に公開された頃には時代はまだ早く、Facebookが日常化してきた今の時代だからこそ符号が合致するという意見も聞かれる作品です。先日のテレビを見逃した人は是非どうぞ!


【PR】BASE エンジニア、デザイナー、経理!一緒に仲間になってくれる人を探してます!
スポンサーリンク
■同じカテゴリ[日常生活]のエントリー
<<前の記事 いじめ自殺という万に一つの現象と現場感の麻痺について。
>>次の記事 ネット時代だからできる生活コストの最適化について。
■このblogの書き込み最新3件
本ブログは移転しました インターネットの遊び方を身につけよう トトロが陽なら、『風立ちぬ』は陰?〜『風立ちぬ』の感想